「静岡あるある」の面白さが4コマ漫画に!
先生に聞いた『ローカル女子の遠吠え』の裏話

  • posted.2019/01/16
  • 空芯菜
  • Hatena 10
「静岡あるある」の面白さが4コマ漫画に!  先生に聞いた『ローカル女子の遠吠え』の裏話

こんにちは! 空芯菜です。

ついに2019年になりましたね。今年もよろしくお願いします!

さてみなさん、漫画を読むのは好きですか?

私は大好きなんですが、最近読んだなかで、かなり気になった本があります。それは・・・

瀬戸口みづき先生の『ローカル女子の遠吠え』です!

『ローカル女子の遠吠え』は静岡県ネタが満載!

image2

ローカル女子の遠吠えとは・・・

主人公の有野りん子は、東京での生活に馴染めず地元の静岡県にUターン転職。静岡の暮らしを楽しむ旧友や、転職先で出会った地元愛あふれる人々と交流を深めていく。ローカルなネタについつい笑ってしまう、4コマコメディー漫画。

です。静岡ネタが満載で、県民なら共感できる内容ばかり。作者の瀬戸口みづき先生は、現在焼津市に住んでいるとのことで、インタビューを申し込んだところ、なんと快諾いただけました!

今回の取材は、焼津駅から徒歩5分のところにあるコアワーキング&カフェスペース「Homebase YAIZU」で待ち合わせ。

image3 image4

Homebase YAIZUは仕事やちょっとした休憩にも使うことができます! 焼津に用事がある際は利用してみてください。

誕生のきっかけは編集担当のひと言から

image5この記事のために自画像を描いてくれました、ありがとうございます!

prof2

空芯菜

(ほ・・・本物の瀬戸口みづき先生だ・・・!)本日はよろしくお願いします!まず、漫画家になったきっかけはなんですか?
prof1

瀬戸口先生

美術系の大学に通っていて、じつはもともと絵本作家志望だったんです。
prof2

空芯菜

え!? そうなんですか!
prof1

瀬戸口先生

絵本のコンクールにも応募していました。最終選考まで残っていたんですけど、デビューにはならなかったんです。
prof2

空芯菜

そうなんですね。はじめから漫画家を目指していたものだと勘違いしていました。
prof1

瀬戸口先生

申し訳ないことに・・・。でも漫画家になってみたら楽しくて、絵本作家より漫画家のほうが向いていたなって。結果オーライです。

image6

prof2

空芯菜

『ローカル女子の遠吠え』を描くことになったきっかけはなんですか?
prof1

瀬戸口先生

もともと前作を「まんがタイム」系列の4コマ誌「まんがオリジナル」という雑誌で連載していて、『ローカル女子の遠吠え』は2作目として「まんがタイムスペシャル」で連載をしているんです。
prof2

空芯菜

そうなんですか。
prof1

瀬戸口先生

前作が終了して、次の作品の内容をどうしようかって話のときに、編集担当者がアドバイスをくれました。「静岡は東京から近いのに全然文化が違うのが面白いから、それを漫画にしたらどうか」って。
prof2

空芯菜

静岡って他県から見ると変わった県なんですかね・・・。
prof1

瀬戸口先生

最初は「静岡ネタ」って限定しちゃうと、県民以外から見て面白いかどうか確信が持てなかったんですよ。全国的にはわからないネタが多いんじゃないかなと思って、3話ぐらいまで「静岡」って言葉も出していません。
prof2

空芯菜

確かに最初のほうは「静岡」って書いてなかった記憶があります!
prof1

瀬戸口先生

迷っていたら担当さんが「静岡ってはっきり出して、ローカルネタを押し出したほうがきっと面白い」って言ってくれました。それで4話目以降から、はっきり「静岡」って出すようになったんです。
prof2

空芯菜

そういうエピソードがあったんですね!
prof1

瀬戸口先生

もし「静岡」って限定していなかったら、もっと早くネタ切れしていたと思うので結果的にはよかったですね。担当さんの力も大きいです。

※まんがタイム:芳文社が発行する4コマ誌。兄弟誌に「まんがホーム」「まんがタイムオリジナル」などがある。

ネタ探しのためなら遠くでも現地取材

image7

prof2

空芯菜

静岡県って横に広いじゃないですか。ネタってどういう風に探しているんですか?
prof1

瀬戸口先生

実際に行っています。
prof2

空芯菜

え!? 結構大変じゃないですか!
prof1

瀬戸口先生

結構大変ですね(笑)調べられることは調べて描きますけど、どうしても背景の写真とか現地に行かないとわからないときは、東名高速道路を使って行きますよ。
prof2

空芯菜

すごい・・・! 〆切に追われながらも・・・尊敬します!
prof1

瀬戸口先生

友達とかと一緒に行くときは運転を交代しながら行きます。もし行かずに調べて適当に描いたとき、地元の人から「そうじゃない」と言われることのほうが怖いというか、ガッカリさせちゃうじゃないですか。

 

やっと地元が取り上げられたのに、これじゃないっていうのはご当地ものとして一番ダメかなと思うので。

prof2

空芯菜

移動するのは大変ですが、忠実に描いてあったら地元の人にとっては嬉しいですよね。
prof1

瀬戸口先生

この連載を始めてから、足を運んだことがない土地にもかなり行けているので、それはそれで楽しんではいますね。伊豆のネタを使うってなったときは、もう覚悟が必要です(笑)

聖地巡礼をしてくれるファンも

prof2

空芯菜

漫画を読んでいて思ったことなんですが、出てくるキャラクターたちがその地域の特徴に合ってますよね!
prof1

瀬戸口先生

本当ですか! ありがとうございます。そう言ってもらえると嬉しいです。
prof2

空芯菜

1巻には浜松と、富士宮のキャラクターが出てきますよね。

18121601_1ai

画像提供:芳文社

prof1

瀬戸口先生

舞台が中部だったので、西部・東部も出そうとなって。
prof2

空芯菜

浜松や富士宮の友人や知り合いがいますけど、確かにこんな感じでした。漫画のキャラクターにはモデルがいたりするんですか?
prof1

瀬戸口先生

特定の人はいません。富士、富士宮の友人や浜松の知り合いは何人かいて、その人たちの性格とかエピソードをトータルでまとめた感じですね。
prof2

空芯菜

モデルがいるのかと思ってました!
prof1

瀬戸口先生

モデルがいると、ギャグを描くのに気を遣ってしまって描きにくくなるんですよ。ギャグにするときに、若干キャラクターをディスったりするので・・・。
prof2

空芯菜

言われてみれば「ごめん・・・!」って気持ちになりますね(笑)ほかにも大変なことってありますか?
prof1

瀬戸口先生

県自体が横に長いので「静岡あるある」のネタをひとつ出したときに、西部・東部から「いや、うちは違うよ」っていう意見が届くことは多々ありますね。

 

なのでネタを作るときに「中部はこう」とか「西部のこの文化」とか、県全体をひとくくりにせず一個一個を描くようにしています。

prof2

空芯菜

結構気を遣って漫画を描いているんですね。
prof1

瀬戸口先生

4巻に収録されているんですけど、静岡の校歌には「富士山」「富士の高嶺」など、「富士」の2文字がしょっちゅう入っているというネタがあって。

18121601_2

画像提供:芳文社

prof2

空芯菜

そういえば私が行っていた高校の校歌にも入っていた気がします!
prof1

瀬戸口先生

私は小中学校が焼津で、高校は清水だったんですけど、小中高の校歌全部に「富士」って入ってて。
prof2

空芯菜

みんな富士山が好きすぎますね(笑)
prof1

瀬戸口先生

っていうネタを描いたら、伊豆の人から「うちの校歌には入ってない」と
prof2

空芯菜

同じ静岡県でも違うのでしょうか・・・。
prof1

瀬戸口先生

だろうなと思ったので、漫画の最後のコマには伊豆出身のキャラクターを登場させて。「うん?」ってピンと来ない顔をさせておいたので、保険はかけました。そういうことが多いのでわりと気を遣います。
prof2

空芯菜

文化の違いを改めて感じますね。ご当地ネタの漫画を描くのも大変そうです・・・。では逆に、漫画を描いていて嬉しかったことはありますか?
prof1

瀬戸口先生

読者さんの感想がもらえることが一番嬉しいですね。同じ静岡県の人から「うちもそうです」っていう感想をもらったり、他県の方が「全然静岡のこと知らないけど興味が出ました」って言ってくれたり、嬉しいじゃないですか。

 

たとえば、漫画に出てきたスポットを巡って、旅行記をブログに書いた『ローカル女子の遠吠え』聖地巡礼を何人かはしてくれて。それはもう本当に嬉しかったですね。

prof2

空芯菜

嬉しいですね! 漫画で地域貢献していますよね。
prof1

瀬戸口先生

そこまで大袈裟かわからないですけど(笑)できていたらいいですね。

やってみたいのは次郎長と富士山登山ネタ

prof2

空芯菜

最後にこれからやってみたい、描いてみたいネタとかありましたら教えてください!
prof1

瀬戸口先生

次郎長ネタかな。まだ描いてないんです。
prof2

空芯菜

そういえばまだないですね・・・!
prof1

瀬戸口先生

調べてみると面白いし、いろいろなところに史跡もあったりして、楽しそうだなって思っているんですけど。あと、富士登山の回は一度はやりたいです。これだけネタにしているので。
prof2

空芯菜

なかなか静岡県民は富士山に登らないですよね。
prof1

瀬戸口先生

そうなんですよね。それも静岡あるあるとして、2巻のネタにしました。

※次郎長:幕末の侠客。静岡市清水区の発展に大きく貢献した。mitecoでも一度取り上げています。⇒清水次郎長はどうして清水のヒーローなの? さくやちゃんと歩く 清水区次郎長ツアー!

image11

画像提供:芳文社

prof2

空芯菜

県外の方は結構登りますよね。
prof1

瀬戸口先生

登りますね。私もじつは宝永山までしか登ったことがないんです。そのときは2合目までマイカーで行って、そこからシャトルバスだったんですけど、マイカーの駐車場がほとんど県外ナンバーでした(笑)
prof2

空芯菜

そうですよね!
prof1

瀬戸口先生

富士登山の会をやるためには私も登らなきゃなんですよね。編集担当者がたまに「そろそろどうですか? 富士山」って言ってくるんですけど「私はまだ登っていないし、今年ももう閉山しちゃったのでまた来年で」ってことで先延ばしになってます(笑)
prof2

空芯菜

来年こそは富士登山ですね(笑)長時間インタビューに答えてくださり、ありがとうございました!

image12

インタビューできて嬉しかったので一緒に撮ってもらいました

行動力と好奇心があり、読者さんへの配慮も忘れない瀬戸口先生。ネットの情報や口コミだけではなく、遠い場所まで現地取材して描いているからこそ、静岡の魅力や面白さが詰まった漫画を描けるんだなと思いました。

これからどんな静岡ネタが漫画で描かれるのか楽しみです。

『ローカル女子の遠吠え』は現在、1~4巻まで好評発売中! 静岡限定発売と勘違いされることも多いそうですが、全国の書店で購入できます。ちなみに最新の4巻は、三島や伊豆などの東部中心ですよー!

image13

image14

最後に、みなさんへ嬉しいお知らせです! 抽選で3名様に、瀬戸口みづき先生のサイン入り『ローカル女子の遠吠え』1巻をプレゼントします!

詳細はmitecoの公式Twitterをチェック!

※応募期間は2019年1月31日(木)まで

思わずうなずく静岡あるある

  • Hatena 10
kuushinsai_profile

Writer空芯菜

1992年生まれ。静岡県静岡市出身、在住。ライター、ブロガー、デザイナーなどをしています。趣味は美術館巡り、映画、音楽、散歩、人間観察。就活や働き方に興味があり就職に苦労した人や面白い働き方をした人に話を聞くのが好きです。自分を実験台にしながら働き方・生き方を模索中~!

空芯菜の記事一覧