mitecoまつり2017トークイベント登壇者発表!
県内外のスペシャルゲストを招いたガチ対談!

  • posted.2017/09/08
  • miteco編集部
  • Hatena 1
mitecoまつり2017トークイベント登壇者発表! 県内外のスペシャルゲストを招いたガチ対談!

こんにちは、miteco編集部です。

ついに、今月末に迫った9月30日(土)開催のリアルイベント「mitecoまつり2017」。先日、イベント内のコンテンツとして「しぞ~かトークイベント(1Fホール)」の実施をアナウンスしました。

こちらでは、全3部構成のテーマ詳細に加えて、登壇者のみなさんを発表させていただきます!

ちなみにmiteco編集部の面々も各トークイベントで登壇します・・・!

トークイベントその1「静岡横断!静岡のローカルコミュニティを創る人々」

talkevents_01

トークイベントその1は、「静岡横断!静岡のローカルコミュニティを創る人々」です。静岡県で活動する「ローカルコミュニティのキーマン」を集め、「静岡県というローカルで活動する意義、課題、可能性」について話し合います。

登壇者はタイトルの「静岡横断!」をもとに、西部から東部まで満遍なく集まっていただきました!

talkevents_profile_02

飯倉清太

伊豆市修善寺のコンセプト賃貸住宅「ドットツリー修善寺」プロジェクトリーダー、NPOサプライズ代表。日本に300人しかいない「内閣官房地域活性化伝道師」に任命されている。miteco掲載歴あり

talkevents_profile_03

ippei tamura

富士市のリノベーションビル「MARUICHI BLDG.1962」運営マネージャー、同ビル内「OLD PIZZA HOUSE bird」オーナーなど。富士市でライブ企画や各種イベントの立ち上げにも携わる。miteco掲載歴あり

talkevents_profile_01

伊藤翔

浜松市北区引佐町の山奥カフェ「CAFE&BAR CLOVER13」店長。4年前にオープンした同店は、中学生が打ち上げに使うなど溜まり場のような存在になっている。現在miteco掲載記事、作成中!

小さな力で大きなモノを動かそうとしている、西から東までのキーマンたち。地域も違えば、それぞれの活動も異なります。それでも共通するのは、ローカルに根差してひとつのコミュニティを創っていること。

「この人たちが集まったらどんな静岡が見えてくるんだろう・・・」といまからワクワクが止まりません。miteco編集部からは編集長の吉松が登壇します!

トークイベントその2「静岡出身WEBライター集合!発信者から見る静岡の宝」

talkevents_02

トークイベントその2は、「静岡出身WEBライター集合!発信者から見る静岡の宝」。静岡県出身のWEBライターを集めたトークセッションです。「静岡県に足りない情報、注目している情報、眠っている情報」をテーマに意見交換をします。

登壇者はmitecoでつながった、県内外の静岡出身WEBライターに集まっていただいています!

talkevents_profile_04

田中嘉人

静岡市出身、東京都狛江市在住のフリーライター&エディター。WEB・IT業界人向けキャリア専門メディア「CAREER HACK」ライター&エディター。小さな声を届けるWEBマガジン「BAMP」、
アウトドアメディア「.HYAKKEI」などでも活動中。

805ONKfC

はなげっくす

静岡市出身在住のブロガー&ライター。静岡グルメ情報ブログ「はらぺこリズム」管理人。グルメ情報サイト「みんなのごはん」、無料求人情報誌「DOMO」のWEBマガジン「DOMO+(ドーモプラス)」ライター。

talkevents_profile_06

しまけん

浜松市出身在住のフリーライター&エディター。ライフハック情報メディア「lifehacker(日本版)」ライター&エディター。グルメ情報サイト「みんなのごはん」、静岡県民によるWEBマガジン「静岡のすゝめ」などでも執筆中。

静岡はもちろん、東京でも活躍するWEBライターたちは、静岡にどんな情報が足りないと思うのか。そして「これは発信するべき!」と注目している情報はどんなことなのか・・・。

発信者の目線から静岡の宝について、鋭く深く掘り下げていただきます! miteco編集部からは山口拓巳が登壇します。

トークイベントその3「どこまであるある?違いすぎる静岡のモザイク文化」

talkevents_03

トークイベントその3は、「どこまであるある?違いすぎる静岡のモザイク文化」。西部、中部、東部出身者に加えて、県外出身者を幅広く集め、とにかく地元あるあるを語り合う時間です。

登壇者はアーティストライブにも登場するあの人をはじめ、mitecoライターも参加することになりました!

mitecofes02_01

haruka*

浜松市出身、磐田市在住のリコーダーアーティスト。通称は笛のおねえさん。7年連続全日本リコーダーコンテスト出場などの実績を持つ、リコーダーのトップランナー。本祭のアーティストライブにも出演する。

talkevents_profile_07

小二田誠二

千葉県出身、静岡市在住の日本文学研究者。静岡大学人文社会科学部、言語文化学科教授。同大学で20年以上も教鞭をふるうベテラン先生。文学や歴史学、地域文化などの著述も多数持つ。

talkevents_profile_08

富士市出身在住のmitecoライター。映像制作ユニット「Récolte&Co.(レコルト)」メンバー。講談社主催の女の子オーディションプロジェクト「Miss iD2018」セミファイナリスト。

静岡県はもともと3つの国が集まってできた県。地域ごとの文化はもちろん、住民の意識などもまったく違うと言われています。

いままで「静岡あるある」として地元ネタの記事を発信してきましたが、その特別バージョンと考えていただくといいかもしれません(例:「静岡県と地元のココが違いました【その2】島根出身と福島出身のあるある座談会」)。

miteco編集部からは、安藤悟(静岡市出身在住)が登壇します!

mitecoまつり2017「1Fホールのコンテンツ」が揃いました!

talkevents_04

以上、1Fホールで実施する「しぞ~かトークイベント」登壇者の発表でした! 静岡の西から東まで、さらに東京にも枠を広げた豪華なメンツが揃っています。お客さんのみなさんと一緒に考えられて、楽しめるような時間にできればと思っていますので、ぜひ足を運んでいただけると嬉しいです。

さてじつはこれで1Fホール内のコンテンツに登場する、みなさんの顔ぶれがほぼ明らかになっています。イベントメインページにもまとめていますので、全貌はそちらからご確認ください! 当日をお楽しみに!

1Fホール入場料のお知らせ

アーティストライブの発表時にも書き添えましたが、1Fホール入場料について改めてお知らせさせていただきます。

mitecoまつり2017は入場無料。ただしイベント内の各種コンテンツの利用は、特別チケットによる交換方式で提供します。特別チケットは会場内に設ける公式ブースにて、1口500円での販売です。

そして会場のサールナートホール内、1Fホールで実施する「アーティストライブ」「3776井出ちよの出演『富士消失』上映会」「しぞ~かトークイベント」は、「1日通しで6口(3,000円)or半日で4口(2,000円)」の特別チケットで提供することになりました。

ちなみに前売りチケットも販売中です。お問い合わせはコチラからお願いします!

mitecoまつり2017メインページはコチラ