ふわふわ姉妹が閑静な住宅街で営む
身体にやさしい天然酵母のパン屋さんへ 

  • posted.2016/09/06
  • 吉松京介
  • Hatena 0
ふわふわ姉妹が閑静な住宅街で営む 身体にやさしい天然酵母のパン屋さんへ 

ららぱんや(島田市)_吉松

こんにちは、miteco編集長の吉松です。

大学の同級生から

「私の叔母さんとお母さん、姉妹で“ららぱんや”っていうパン屋さんをやってる! ふわふわのふたりで!」

と聞いた僕は、「ふわふわの姉妹がパン屋さん・・・」と気になったので、そのまま紹介してもらいました。

rarapanya_02

ということで、ここは島田市祇園町。閑静な住宅街にひっそりと構えるパン屋さん「天然酵母 ららぱんや」です。

パンは天然酵母、自家製酵母で作っていて、材料は国産小麦・天日塩・洗双糖※を使用。とにかく身体に優しいパンにこだわっているそうです。

ふわふわ(?)のご姉妹に、一緒にお店をはじめた経緯から、身体に優しいパンについてなどを伺ってみます。

※洗双糖:サトウキビの糖液を「ろ過⇒煮詰める⇒結晶」で作った砂糖。化学精製は一切されていない。

パン屋さんをはじめたのは“見えた”から?

rarapanya_03

吉松

吉松

こんにちはー。本日はよろしくお願いします。

お姉さん

お姉さん

あー! いらっしゃい。暑いなかありがとねえ。
吉松

吉松

いえいえ。さっそくですが、姉妹で営んでいると伺っていまして。ふたりでお店をはじめた経緯を教えていただけますか?
rarapanya_face_02

妹さん

んー、なんか不思議な感じではじまったもんで(笑)
お姉さん

お姉さん

そうねえ(笑)

rarapanya_04
ららぱんやを営むご姉妹。写真左が妹さん、右がお姉さんです。

妹さん

妹さん

えーとね、よく“見える”とか言うじゃない。通っていたマッサージの方が見える人でね。その人から「パン屋さんをやっているのが見える」って言われて。じゃあ、やってみよう!と思って。
吉松

吉松

見えるって、占い師みたいなことですか?
妹さん

妹さん

占い師っていうかね。あのー、霊能者さんみたいな。
吉松

吉松

えええ・・・。
お姉さん

お姉さん

それでここは実家なの、いまは妹が住んでいるんだけど。でも当時は古いお家でね、でもパン屋さんをやるなら建て替えなきゃってなって。
妹さん

妹さん

そうそう。貯金もまったくなかったんだけど、主人とお家を見学に行ったとき、気に入った家を即決しちゃって(笑)。そこで姉に「パン屋さんやるから手伝って」って話したんです。
お姉さん

お姉さん

ほんとねえ。新しい家のことは相談もしてくれてなくて、ちょっと!みたいな(笑)いいよってすぐ言ったけどね(笑)
吉松

吉松

そんな経緯があったんですね・・・。

見えるだけではなかった当時のこと

rarapanya_05

吉松

吉松

パン屋さんを始めたとき、パンの作り方などはご存じだったんですか?
妹さん

妹さん

そうね。もともとね、姉とふたりでパン教室には通っていたもんだから。
お姉さん

お姉さん

そうそう。ふたりともパンが大好きだったからね。
吉松

吉松

あーそうなんですか。でも、そこから天然酵母でパンをつくろうと思ったのは・・・?
妹さん

妹さん

きっかけになったのは、お互いに子どもが生まれてからかな。できるだけ添加物がないとか、なるべく自然なものがいいよねって。それから、父が自然の食べものを好きだったりもして。
お姉さん

お姉さん

うんうん、お父さんがそうだった。もしかすると、そういう環境で育ったからかなあ。結局は、自然なものが好きだったからってことですかね。

rarapanya_09

お姉さん

お姉さん

・・・でも、どうなんでしょうか、この話(笑)
吉松

吉松

“見える”からはじまったときは、どうしようかと思いましたが、とても納得しました!
妹さん

妹さん

いまの時代だったら大丈夫なのかな。スピリチュアル的なこと(笑)
お姉さん

お姉さん

昔だと、ちょっと変なパン屋さんだと思われるね(笑)

身体にやさしいパンのヒミツ

rarapanya_08

吉松

吉松

それでは天然酵母、自家製酵母でパンを作っているとのことですが、酵母にはどのようなものがあるんでしょうか?
妹さん

妹さん

季節によって変わりますね。たとえば、りんご、ヨーグルト、玄米、酒種とか。旬の素材で作ったお野菜の酵母もあるかな。
吉松

吉松

ほー、そんなにあるんですね。
妹さん

妹さん

ただね、やっぱり自家製酵母は時間がかかって、たくさんは作れないもんだから。お店に並べるメニューはいつも数種類とか。だから曜日によって違うパンを出したりもしますね。

rarapanya_06

吉松

吉松

どのパンもおいしそうですが、人気メニューはどれですか?
お姉さん

お姉さん

やっぱり酒種の食パンとか酒種のピザかな。
妹さん

妹さん

あとはメロンパンとかクリームパン、それからアレルギーがある子でも食べられる、卵と乳製品を使っていないパンも人気です。
お姉さん

お姉さん

卵と乳製品を使ってないパンは、とくに若いお母さんに人気だね。小さいお子さんがご飯をあんまり食べないからって、パンがゆとか離乳食として使っていただけているみたい。
吉松

吉松

身体にやさしいパンならではの使い道ですね。

rarapanya_10酒種でつくった食パン「パン・ド・ミー」。原料は麹、米飯、水だけ。だから身体に優しいんです。

お姉さん

お姉さん

ちなみにだけど、これからは甘麹酵母の種類を増やしていきたいなあ。
妹さん

妹さん

甘麹酵母は甘酒からつくる酵母なんだけどね。お米から甘酒をつくることにも挑戦しているんです。麹だけは買ってきて、そこからは自分で甘酒をつくって、さらに酵母にするみたいな。

 

甘酒には100種類以上の酵素が入っているといわれていて、ビタミンとかアミノ酸とかもたっぷり。いわゆる総合栄養ドリンクなんですって。とっても身体にいいんですよ。

吉松

吉松

甘酒ってそんなに栄養豊富だったんですか。あ、だから姉妹そろって肌にツヤがあるんですね。
お姉さん

お姉さん

いやねえ(笑)

お客さんへの想いと姉妹の楽しみ

rarapanya_11

吉松

吉松

少し話は戻りますが、若いお母さんもよくいらっしゃるんですか?
お姉さん

お姉さん

そうね。食べものに気を使っていて、酵母のパンがいいと言ってくれていて。
妹さん

妹さん

でも、ご年配の方もけっこう来てくれるね。
吉松

吉松

あ、お客さんの年齢層は広いんですね。それではお客さんに対して、なにか想いがあれば教えていただけますか?
妹さん

妹さん

んー。やっぱり住宅街にあって、かなり分かりづらい場所にあるから、わざわざ探してきてくれるお客さんに、感謝の気持ちで接することかなあ。ここに来るときは迷ったでしょう?
吉松

吉松

正直なところ迷いましたね・・・。ららぱんやと書かれたのぼりで分かりました。
妹さん

妹さん

そうでしょ(笑)だから探してきてくれてありがとうって思うの。

ららぱんや

お姉さん

お姉さん

私は想いというか、来てくれたお客さんとお話しするのは楽しいねえ。お客さんがいろんなお話しをしてくれるから、毎日いろんなお話ができるようになってね。
吉松

吉松

たしかにお話しを伺うなかで、何回かお客さんがいらっしゃいましたけど、皆さんと喋ってましたね。
妹さん

妹さん

パンをつくるのもそうだけど、お客さんと触れ合うのは楽しいよ。それがお店で働く上での楽しみのひとつになっているかな。
お姉さん

お姉さん

そうだねえ。パンを焼くのもずっと楽しいけど、お客さんとお話しするのも、とっても楽しいよね。

rarapanya_12

お話しを伺っているあいだ、おふたりはずっとニコニコしていました。カメラマンとして同行していた編集部の山口が帰り際、「笑顔しか撮れなかったっけ」とつぶやいていたくらいに。

そして話し方と雰囲気、同級生が「ふわふわのふたり」と言っていましたが、そのとおりでした。この人柄が、パンにも、お店の空気感にも表れている気がするんです。お姉さんが「お客さんがいろんなお話しをしてくれる」と話されましたが、それもおふたりの“ふわふわ感”がそうさせているんじゃないでしょうか。

ちなみにららぱんやさんの営業日は、火・金・土(11:30~売り切れまで)の週3日。お昼すぎで売り切れることも多いようなので、足を運ぶなら早めが吉です。

ららぱんや

住所:〒427-0058 静岡県島田市祇園町8698-2
電話番号:0547-36-5836
営業日:火、金、土
営業時間:11:30~17:00(売り切れまで)
駐車場あり