日本の古き良き原風景が残る“水車村”へ
身体が喜ぶ玄米菜食を味わえる「たろべえじゅ」

  • posted.2016/12/06
  • Takashi
  • Hatena 0
日本の古き良き原風景が残る“水車村”へ 身体が喜ぶ玄米菜食を味わえる「たろべえじゅ」

藤枝・瀬戸谷地区の一角に、滝ノ谷不動峡という紅葉名所があります。

瀬戸川の支流である滝ノ谷川沿いに広がる山里。苔むした岩肌を縫う渓流と古民家が織りなす、美しい風景が残る地域です。

もみじ広場

水車村

写真(上)は、毎年11月末に「もみじ祭り」が開催される「もみじ広場」。シーズンになると賑わう場所で、辺りには農産物直売所や水車小屋、不動明王像などもあります。

このさらに奥にある通称「水車村」の1軒。大自然の心地よさを感じながらのんびり過ごせる食事処があることをご存じでしょうか。

目玉は「玄米菜食シェアリングランチ」

水車村には江戸時代に建てられたという茅葺き屋根の古民家や水車、古い吊り橋などがあり、昔の農村を思わせる風景。四季折々の彩りが出迎えてくれます。

水辺の美しい景色に心地よさを感じつつ、この一角にある「たろべえじゅ」というレストランにお邪魔してきました。

たろべえじゅ

たろべえじゅ

寒い時期には薪ストーブで暖をとる、自然と調和した空間。この店の特徴は、お品書きからメニューを選ぶのではなく、調理された1品1品を自分で皿に盛る、提供の方法です。

玄米菜食シェアリングランチ

玄米菜食シェアリングランチ

その名も「玄米菜食シェアリングランチ」。玄米ごはんに自家製の味噌汁、ほか10種ほどの野菜料理を、みんなでシェアしながら楽しむ形です。見るからに、身体の中から健康になれそうな料理ばかり。

たろべえじゅの滋味深いひらめきの料理たち

塚田千景さん

店主の塚田千景さん。ここで「たろべえじゅ」を営み11年になるそうです。

――「料理はその都度考えながらのひらめき料理で、なんとなくいつも“気”を込めてます。食材一つひとつに」

野菜そのものの味を引き出す調理を心掛けているという塚田さん。土鍋で蒸したばかりの野菜たちはどれもみずみずしく、キラキラと光っているような気さえしてきます。

調理場で撮影していると、つまみ食いしたい衝動が抑えられなくなりました。

たろべえじゅ

玄米菜食シェアリングランチは要予約で一律1,500円。なんとお替わり自由です。「滋味深い」という表現がぴったりの料理を、心ゆくまで堪能できますよ。

ここへ訪れるまでの注意点として、滝ノ谷川沿いの道は細く、車で行き違いできない箇所もあります。運転には十分気をつけましょう。

冒頭で紹介した「もみじ広場」の紅葉はもう見ごろを終えているかもしれません。しかしながら、水車村までの道中は、12月上旬まで秋を楽しめるそうです。

滋味深くカラダにやさしい料理と、季節を感じられる自然豊かな景色。街中では味わえない幸福な時間です。

心と身体が喜ぶ!温もりあるご飯屋さん

たろべえじゅ

住所:〒426-0131 静岡県藤枝市瀬戸ノ谷12317-1
電話番号:054-639-0875
営業時間:12:00~16:00(LO 15:30) ※必ず予約が必要です。
定休日:月~木曜
アクセス:藤枝バイパス谷稲葉ICより約30分(車)