あの有名俳優も通った珈琲と紅茶の家
粋な演出に思わずみとれる「Cafe Blanc」

  • posted.2016/12/13
  • Takashi
  • Hatena 0
あの有名俳優も通った珈琲と紅茶の家 粋な演出に思わずみとれる「Cafe Blanc」

筆者、じつは「カフェ情報ならお任せ!」といえるほどカフェ好きでして、ほかの取材など仕事の関係でも行く機会が多いです。

普段、カフェで原稿を書くこともあって、カフェに行かない日はないというくらい。コーヒーも紅茶も、甘いものも大好きです。そんなわたくし行きつけの素敵な喫茶をご紹介します。

ブナやカエデの樹が囲む一軒家

cafe blanc

沼津で営む「Cafe Blanc(カフェ ブラン)」さん。沼津港から車で5分ほどの場所にあります。樹木に囲まれた一軒家カフェは、開店28年。漆喰壁の染みがよい具合に、その歳月が物語っています。

cafeblanc

常連さんの多い店という印象がありますが、マスターによれば、関東方面の県外客もよく訪れるそう。

「沼津港で魚を食べたあと、お口直しにコーヒーだけ飲みにくる。そのあと、東名高速に乗ってお帰りになるパターンが多いかな」とマスター。

沼津港から東名沼津インターへ向かう途中にある、納得の好アクセス。加えて、ある俳優さんの行きつけだったという噂を知り、ココをめがけて遠方から訪れる人もいるのだとか。

その俳優さんとは、『釣りバカ日誌』で知られる故・三國連太郎さん。三國連太郎さんは静岡県松崎町の生まれで、晩年は沼津大使を務めていました。

ひとりで来店するとカウンターに座り、マスターのコーヒーを飲んでいたそうです。そのコーヒーはいまも「三國ブレンド」として、三國さんが好んだカップで提供されています。

かけがえのない時間を提供する

加藤誠さん

cafe branc

写真(上)はマスターの加藤誠さん。その手前にあるカラフルな器にご注目ください。ウェッジウッドの「ジャスパーダンシングアワー」。三國ブレンド(650円)は、いまでは生産されていない、この愛らしいカップで楽しめます。

カウンター奥に写っている器たちも、リチャード・ジノリをはじめ、美しく貴重なものばかり。

「僕は会話が得意なほうではない。でもほら、器を眺めるのが好きな人もいるでしょ。だからカウンター席を設けた」。加藤さんの店づくりに対する一番のこだわりが、このひと言に垣間見えます。

それは「かけがえのないひととき」を提供すること。一杯を最後までおいしく味わうための細かい工夫であったり、美しい器であったり、居心地のよさであったり、あるいはこんな演出であったり。

グラスポット

グラスポットで、6~8種の生フルーツを贅沢に合わせたフルーツティー。ポットはキャンドル台の上に置かれ、最後の一杯まで冷めることなく、おいしくいただけます。

眺めているだけで、優雅な気分にさせてくれる演出。思い思いに過ごせるカフェでのひとときを、果実の香りとともに、かけがえのない時間へといざなう一品です。

かぼちゃのタルト

手作り菓子も絶品で、写真はかぼちゃのタルト(450円)。生クリームとかぼちゃ、カラメルが口のなかですぅっ、と溶け合う、そのハーモニーがたまりません。

加藤さんが作るお菓子はどれも、最後まで「無理なく」食べられます。ひと口目のインパクトよりも、次に来店したらまた食べたいと思う、そんな余韻が残るのです。

「ウチには流行ものというか、目新しいものはとくにないよ。ケーキもみんな素朴なものだし」と話す加藤さんですが、その言葉は自虐というよりも、むしろ逆。

開店からメニューをほとんど変えずに営んできたというカフェ・ブラン。それは一品一品が支持を得てきた証であり、店主の自信であると感じました。

丁寧にドリップするコーヒーと紅茶、手作り菓子。ほかにはベイクドホットサンドやアレンジコーヒーなどなど。フルーツティーは1〜3人用まで対応しています。

木漏れ日に染まる窓際席、器が並ぶカウンター席のどちらもオススメ。かけがえのないひとときをぜひ、カフェ・ブランで。

ゆったりと息をつける喫茶店はほかにも

Cafe Blanc(カフェブラン)

住所:〒410-0841 静岡県沼津市下河原町54-1
電話番号:055-952-5781
営業時間:11:00~20:30
定休日:無休(臨時休あり)
アクセス:JR沼津駅より沼津港循環バス約13分(公共交通機関) /  東名沼津ICより約25分(車) /  第二小学校入口前よりすぐ(徒歩)