オクシズの古民家カレー屋「さじっとの家」
スリランカ出身の店主が届ける団らんのひと時

  • posted.2017/03/06
  • Takashi
  • Hatena 0
オクシズの古民家カレー屋「さじっとの家」 スリランカ出身の店主が届ける団らんのひと時

静岡市が「オクシズ」という愛称でPRしている中山間地域のなかに、水見色という静かな山里があります。

オク(奥)といっても水見色は市街地からそれほど距離はなく、JR静岡駅から車で藁科街道を北上し40分ほど。

sazitto_1

県内でもとびきり“ど田舎”の出身である筆者は、本能的にこういう場所が落ちつきます。

清涼な空気に包まれた水見色。そんな田舎町の一角においしいカレー屋さんがあると聞き、伺ってきました。

水見色の人々と風景に惹かれて

駐車場に看板がありますが、あたりに店らしい店を見受けられないので不安になった筆者。

駐車場向かいの家にいたおばちゃんに尋ねると、親切に場所を教えてくれました。

sazitto_2

こちらです……って、まんま家ですね。なんかおばあちゃん家みたいです。どうぞ、と手招きしてくれたのは、スリランカ出身でいまは日本在住の店主・坂本サジットさん。

sazitto_3

お会いする以前に、この方がもの凄い人であることは、噂で聞いていました。スリランカにいたころはライフセーバーとして働きながら水泳の選手としても活躍し、21年前に来日、日本人女性と結婚しています。

来日の翌年、不慮の事故に合い、右足の膝から下部分を失ってしまいました。いまは義足をつけて生活していますが、そのようなハンデがあるなど微塵も感じさせないのです。

それどころか水泳を続け、トライアスロンで健常者と競うほどのタフガイぶり。今年始めには自転車だけで広島まで旅したのだとか。

sazitto_4空き家だった築80年の古民家を改装して寛ぎのスペースに。

サジットさんが店主を務める「さじっとの家」は土日のみ営業。こちらとは別に水・木曜は、古庄でレストラン「Sahiru17」を営んでいます。

月・火・金曜は定休日ですが会員限定の弁当を配達しているとのことで、どこでいつ休んでいるのか……。話を聞くほど圧倒されていく自分がいます。

sazitto_face_02

Takashi

さじっとの家は今年で3年目、Sahiru17はもっと前からでしたよね。水見色で店を始めた経緯はどういったものでしたか?
sazitto_face_01

サジット

僕、静岡市の市民会議に参加していて、よく中山間地域について話し合ってきた。中山間地域は、この水見色や梅ヶ島といった場所。そこには農家の高齢化や過疎化などいろんな問題があって。
sazitto_face_02

Takashi

「オクシズ」と呼ぶようになって、市でも観光客誘致や移住希望の募集を働きかけていますよね。
sazitto_face_01

サジット

うん。僕も机上の空論ではなく実際に行動して、地域の役に立ちたい。そう思っていろいろ見てまわった結果、この家に出逢った。窓から見える景色も、おばあちゃん家みたいな佇まいも最高でしょ。

sazitto_5ほかの家並みより高い位置にあるため、視界を遮るものがない。

sazitto_face_01

サジット

街に住む人が週末にのんびりできて、水見色に住む人々とふれあえる。この家をそんな場所にしたいなって。

 

ここは市街地からそう遠くなく、割と気軽に来れるから。

 

水見色の人々はとても温かくて、顔を見れば声を掛けてくれる温かい人たちばかり。ここへ来て本当によかったよ。

パンチの効いた絶品スリランカ・カレー

sazitto_6野菜を届けにきた水見色の農家さんとサジットさん。

取材中、近所に住む農家が野菜を届けにきました。神奈川からお母さんが遊びにきていたそうで、孫と一緒に食事したり庭で遊んだり。

店というより親戚のお家に来たような、和やかな雰囲気でした。

sazitto_face_01

サジット

ここはそういう場所だから。堅苦しくなく、普通に遊びにくる感覚でいい。ゆくゆくはワークショップやヨガを開講するなどして、1日いても飽きない空間にしたいね。家族連れにもたくさん来てほしいから、カレーは子供用の辛くないものもあるよ。

さて、そのカレー。私は(もちろん)大人用をいただきました。

sazitto_7

野菜がゴロっと入った「スリランカ・カレー」。おいしそうな香りがたまりません。

ココナッツミルクを合わせるのがスリランカの特徴で、コクもありまろやか。

しばらくするとちょっぴり汗がにじんできました。コクのなかに隠れていたスパイシーさがじわっ、とくる感じです。うん、旨い!

sazitto_face_01

サジット

食材はなるべく地元のものだよ。僕にとってそれが、地元への感謝を届けることだから。加えて、僕がこうして店を営むことで、みなさんに“気づき”を促したい気持ちもある。

 

海外の安い製品や食材を悪くいうわけではないけれど、やっぱり日本人は日本で作ったものを使って、日本でお金を落としてほしい。それが地元を、自分の国を大切にすることだと思う。

熱を帯びたサジットさんの言葉は、重く胸に響きました。

「食べてくれてありがとう」。料理人としてこの気持ちを忘れず、母国仕込みのカレーを団らんの間に届けるサジットさん。

取材を通して、とても大切なことを彼に教わった気がします。

地元でつながるコミュニティカフェ

さじっとの家

住所:〒421-1313 静岡県静岡市葵区水見色885
電話番号:080-3284-7058
営業時間:11:00〜夕方ごろ
定休日:月~金曜日
アクセス:新東名新静岡ICより約30分(車)