富士山の麓で1年中ふわふわのかき氷を!
「雲上かき氷」に新米ゴーラーが行く

  • posted.2017/04/20
  • emikoko
  • Hatena 0
富士山の麓で1年中ふわふわのかき氷を! 「雲上かき氷」に新米ゴーラーが行く

miteco読者の皆様、はじめまして。emikokoと申します。好きなものは、富士山とかき氷! 趣味は、スノボにゴルフに登山にランニングと、基本的にアウトドアな性格です。みなさんに興味を持っていただけるような記事を書いていきたいと思っております。末永くよろしくお願いいたします!

さて、ここから本題。

みなさん、ここ数年、かなりのかき氷ブームなのをご存じですか? かき氷好き&マニアのことを「カキゴーラー」「カキゴオリスト」なんて呼んだりもするんですよ! 筆者も駆け出しではございますが、新米カキゴーラーとして各地でかき氷店を探し1年中かき氷を食べ歩いております。

そんなブームになっているかき氷ですが、じつはみなさんが想像するようなかき氷とは少し違うかもしれません。一般的なお祭りで売っているようなかき氷って1杯300円程度のものですよね。でも、ふわふわのかき氷は1,000円前後もするんです!

高いと思いますよね? でも、高いだけの価値はあります。もちろん、ただ氷がふわふわなだけが高い理由ではありません。お店ごとにシロップにもこだわって作っているからこそなんです。

今回は、そんなこだわりのかき氷を出すお店のひとつ、静岡県富士宮市「雲上かき氷」さんにお邪魔してきました!

ちょっと山奥に佇む隠れ家的なお店へ

unjyo_coffee_16

雲上かき氷さんは、県道180号線沿いにあります。

unjyo_coffee_18

富士川サービスエリアETC出口から国道10号線を上っていき、逢来橋を右折すると180号線になるので、そのまま一本道です。

山奥にあるので、「本当にあるの!?」と思うかもしれませんが大丈夫です。きちんとあります(笑)

お店の方に伺ってみると、雲上かき氷を運営している会社さんはもともと、富士山の天然水を販売していたところみたいです。このカフェは「水のおいしさを伝えたい!」ということで3年前にオープン。コーヒーやかき氷で販売したほうが水の魅力が伝わりやすいのではないかということで、販売しています。

気になったのは、「氷をどのように凍らせているのかな?」ということ。特別な製法で凍らせているからこそふわふわのかき氷ができるのだと思っていましたが、氷はいたって普通の冷蔵庫で凍らせているとのこと・・・。

へ?(笑)

拍子抜けしてしまいましたが、ポイントは3日間かけてゆっくり凍らせているということ! そもそも水が富士山の天然水ということですから、特別なことなんかしなくともおいしいんだということ! あとは、機械で丁寧に削っていきます。

実況! ふわふわのかき氷はこうしてできる

そんなこんなで「かき氷をお作りしているところを写真にとってもいいですか?」とお願いしたところ、快くOKをいただきましたので、実際にかき氷づくりを実況していきまーす!

私が注文したのは、「やわもち黒糖」という期間限定のメニュー。

unjyo_coffee_2

 

まず、底にはシロップをたっぷり入れ、それから氷を削り・・・。

unjyo_coffee_3

すでに、この時点で大きいような・・・。

unjyo_coffee_4

さらにシロップをたんまりかけ、

unjyo_coffee_5

ここでやっと半分です。この上からやわもちをのせ、さらにこの上から氷をのせていきます。

ええええええまだのせるの!?!?

 unjyo_coffee_6

ここから、これでもかというくらい氷→シロップ→氷→シロップの攻防が続きました(笑)

unjyo_coffee_7

お餅をのせて、

unjyo_coffee_8

最後に、たっぷりのきなこをかけて――

出来上がったのがこちら!!!

unjyo_coffee_12

このバランスのとれた美しいかき氷を見てください!!

unjyo_coffee_13レンズが直径5センチ。それの2.5倍はあろうかという高さです。

やわもち黒糖。いざ、実食!

「早く食べたい!!」という気持ちとよだれを抑えながら、撮影を済ませいよいよ・・・

いただきまーす。

unjyo_coffee_14

くわぁぁぁあああ!!

うまい! 口の中で一瞬で溶けてしまうふわっとした氷。ふわっとしているからこそ一瞬で溶け黒蜜ときなこが口の中いっぱいに広がります!

やわもちというだけあってお餅はとってもやわらかく食べやすく、ふわふわの氷と相性が抜群! おいしすぎてスプーンをやすめることなく食べ終わってしまいました(笑)満腹感が半端じゃない。

unjyo_coffee_1夏には外で食べたいかき氷。もちろんテラスの席もあります。

ちなみにここだけの話。雲上かき氷さんのメニューは繁盛期よりいまの時期のほうが多いとのことです!

忙しい時期はどうしても定番メニューメインになってしまうので、いまの少し寒い時期のほうが限定メニューがたくさんあるんですね。その数、なんと全部で20種類くらい。驚きですね!

facebookでは、新メニューがマメに更新されているので要チェックですよー!

この時期だからこそのかき氷です!

unjyo_coffee_9

まだまだほんのり冷えるこの季節。ということで、こちらのコンテナの中に冷暖房完備のお部屋があります。ここであれば寒さに凍えることなく安心して食べることができますよ。

「かき氷だなんて・・・」と、季節外れだと思われている方もいらっしゃるかと思います。もちろん、真夏にセミの声を聞きながら食べるかき氷もおいしいですよね。

ですが、涼しい季節のかき氷は氷が溶けにくいため、ふわふわが長い時間堪能できるんです!!! さらに、雲上かき氷さんは1年を通して営業しておりますので、たとえ真冬であってもいつでもふわふわのかき氷を食べることができるのです!

かき氷は夏にしか食べれないという概念を壊したい!」というのは雲上かき氷さんのご主人もおっしゃっていたこと。7~8月にかけてはとても忙しいそうなので、いまの時期がチャンスですよ!!!

雲上かき氷に行くなら、ついでにこっちも!

雲上かき氷

住所:静岡県富士宮市山宮3362-1
電話番号:0544-58-7898
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日、火曜日午前中
駐車場:8台有