洞窟内はヘルメット必須の隠れ鍾乳洞!
冒険家になれちゃう浜松「鷲沢風穴」

  • posted.2017/12/11
  • 小枝チカ
  • Hatena 0
洞窟内はヘルメット必須の隠れ鍾乳洞! 冒険家になれちゃう浜松「鷲沢風穴」
掛川茶セット
掛川茶セット

年末も近づいてお出かけ先を考えるころですね! ライターの小枝です。

遠くへの旅行も楽しいですが、地元大好きな私としては浜松市内のスポットをオススメしたいところ。どこか面白い場所はないかなとリサーチしていたら、「鷲沢風穴(わしざわふうけつ)」という場所を発見しました。

浜松の鍾乳洞といえば竜ヶ岩洞が有名ですが、鷲沢風穴も同じ鍾乳洞とのこと。

地元に住んでいるのにいままで知らなかった隠れスポットです。洞窟や滝などの冒険感がある場所は大好きなので、さっそく訪れてみました!

鷲沢風穴ってどんな場所?

washizawa_01

あらためまして鷲沢風穴は、浜松市北区にある鍾乳洞。竜ヶ岩洞と同じ2億5000万年前に作られた石灰岩で構成されています

浜松市内の山間部にはいくつかの鍾乳洞があり、観光地として見学できるのは竜ヶ岩洞と小堀谷鍾乳洞、鷲沢風穴の3つ。これらの洞窟はまとめて秩父帯と呼ばれています。

washizawa_02

鷲沢風穴が隠れスポットとなっている理由は、その場所にあります。ひと言でまとめると、ものすごく山奥。今回は車で訪れましたが、ぎりぎり通れる細い山道で、洞窟に入る前から探検気分を味わえました。

washizawa_03

入口で管理協力費の400円(子ども200円)を支払い、ヘルメットを借ります。

「なんでヘルメット?」と思われるかもしれませんが、このヘルメット、鷲沢風穴で一番大切な道具です。絶対に装着してください。

営業時間は8:30から15:00まで(11月~2月は14:00まで)。定休日は水曜日と金曜日です(7月と8月は休日なし)。

washizawa_04

ヘルメットをしっかりと装着したら、いざ出発!

冒険気分が味わえる不思議な洞窟内

washizawa_05

洞窟内の温度は14℃前後くらい。1年を通じてほぼ同じ温度なので、冬は暖かく感じるかも。

washizawa_06

洞窟内の岩にはこんな感じで名前が付けられています。入り口付近は歩きやすいですが、天井が低いので少し圧迫感がある。

washizawa_07

身長160cmの私の目線で見るとこんな感じです。天井が近い!

ここは日本唯一の「水平天井」という真っ平な岩盤でできた天井で、鷲沢風穴の見どころのひとつです。

washizawa_08

「ヘルメットは絶対に装着してください」と伝えましたが、その理由は鷲沢風穴の特徴によるため。ご覧のとおり洞窟内は狭く、自然に近い形です。

つまり天井が低いうえに狭い場所が多く、岩の出っ張りに頭をぶつけやすくなっています。私もヘルメット越しに5回ほど頭をぶつけました。

washizawa_09

しかし洞内の清廉とした空気と、鍾乳洞特有の不思議な雰囲気に、ちょっとした冒険気分を味わえます。

washizawa_10

水が豊富に湧いていました。洞窟内に響く水音が涼しげです。

washizawa_11

さらに鷲沢風穴の見どころとしてあげられるのが、独特の不気味さ。いい意味で鍾乳洞のミステリアスな魅力を体験できるスポットがたくさんあります。

たとえば、写真の岩の名前なんて「地獄岩」です。怖すぎでしょ。

washizawa_12

ライトはところどころ設置されているものの、基本的に暗い場所が多いです。突然、目の前に現れた縄に「なんだろう?」と思い、その先をフラッシュ撮影してみたら・・・。

washizawa_13

絶対なにかいる。洞窟内になにか住んでる! 的な空洞がありました。怖いです。

washizawa_14

ちなみに鍾乳洞ならではの綺麗なスポットもたくさんあります。この水神の池は、長い年月をかけて形成された空間と澄んだ水が美しい場所です。

washizawa_15

「見上げてください」と看板にあったので上を見てみると・・・。

washizawa_16

岩と水と緑の不思議空間が! かなりの迫力です。

washizawa_17

道なりに進んでいくと、段々と天井が低くなってきました。冒険感がアップするとともに中腰率も高くなりますが、年甲斐もなくワクワクしてしまいます。

washizawa_18

中腰とフラッシュ撮影でお送りしております。胎内くぐりと書かれた看板を見つけたため、せっかくなので入ってみようと思いましたが・・・。

washizawa_19

大人には狭すぎました。

washizawa_20

洞窟内に太陽の光が入り込みます。出口に到着です!

washizawa_21

久々の太陽の光だな・・・と、脱出者のような気分になりました。自然に近い形で残されている洞窟内で味わうワクワク感と独特の佇まいに、完全に飲み込まれています。

非日常とちょっとしたスリルが体験できる鷲沢風穴、隠れスポットにしておくにはもったいない面白さでした!

洞窟以外にも見どころたくさん!

washizawa_22

鷲沢風穴の外には、鍾乳洞から湧き出る水を飲める場所があります。天下の名水と呼ばれているこの水は、豊富なミネラルが含まれているのだそう。

味はまろやかでクセがなく、すっきりとした喉越しでまさに「おいしい水」でした。いくらでも飲める味です。この水でご飯を炊くとめちゃくちゃおいしいとのこと。

washizawa_23

お値段は、20リットル100円という良心的な価格設定です。

washizawa_24

また近くにはキャンプ場と公園があります。夏場は家族や友達とキャンプを楽しみながら、自然豊かな場所でのんびりと過ごすのもいいかもしれません。

「浜松の鍾乳洞といえば竜ヶ岩洞」というイメージが強いものの、探検気分が楽しめる鷲沢風穴もまた違った雰囲気でオススメ。非日常な洞窟探検のアクティビティを楽しみたい方は、ぜひ鷲沢風穴を訪れてみてください!

肌寒い季節にこそ訪れたいレジャースポット!

鷲沢風穴

住所:〒431-2104 静岡県浜松市北区鷲沢町428
営業時間:8:30~15:00(11月~2月は14:00まで)
定休日:水、金(7、8月は休日なし)
料金:大人400円、子供200円
電話番号:053-428-2965