定番のデートコースを彩るイルミネーション!
街中感動スポット「青葉シンボルロード」を歩こう

  • posted.2016/12/16
  • 山口拓巳
  • Hatena 0
定番のデートコースを彩るイルミネーション! 街中感動スポット「青葉シンボルロード」を歩こう

静岡市の街中で誰もが通る道といえば、「青葉シンボルロード」。風変わりなモニュメントや池を眺めながら、並べられたベンチに座ってひと休みをする方も多いですよね。

静岡市役所から常盤公園の噴水までを貫くこのストリートは例年、冬のシーズンになるとイルミネーションで彩られ、いつもとはちょっと違う華やかな景色が広がります。

じつは、毎年少しずつ装いを変えている恒例のお楽しみですが、今年はいったいどんな感じでしょう。

というわけで、市役所からゴールの常盤公園までを順番に歩いてみました。

スタート地点は呉服町との交差点

aoba_simbolload_02_これは、ツリー・・・? タワー・・・? 記念写真もOKです!

青葉シンボルロードのイルミネーションは、呉服町と公園がぶつかる交差点がスタート地点。

普段はライオンズクラブの石碑でおなじみのこのスポットも上の写真の通り、この時期だけのモニュメントで彩られます。

ここから中へ入っていくと、奥まで続く並木にイルミネーションが・・・! なんとも絶景です。

aoba_simbolload_07_

ちなみに、スタート地点の反対側には、12月10日(土)から期間限定で開かれている特設スケートリンクも。いずれも主催はI LOVE しずおか協議会」という団体によって担われています。

aoba_simbolload_01_

あの「ごろんごろんするタル」もイルミネーションでキラキラに

aoba_simbolload_09_

青葉シンボルロードを進んでいくと、警察署の前、昭和通りの交差点の方向へ。

この場所にあるモニュメント・・・「ごろんごろんするタル」(※現地の人は大体こんな感じで覚えてますよね)は、お城のようなイルミネーションスポットになっています。

aoba_simbolload_10_

ちなみに、この手前にあるモニュメント「おっさんがぶつかりそうになっている」もの。こちらは名前がきちんとわかります。「出会い」というアート作品なのですが、こちらにはイルミネーションは施されていません。

が、なんだか、「その奥のタルのイルミネーションに見とれたおじさんがよそ見をしていて、思わずぶつかりそうになっている」みたいな情景に見えてきてしまいますね。

aoba_simbolload_13_

このシンボルモニュメントは高さは10mで、てっぺんのハートがアクセント。デートでの記念撮影はここがおすすめです!

しかも「ふたりが手をつなぐと、スクリーン上の映像が変化する」という仕掛け付き。どんな変化が起きるかはぜひ、恋人や気になっている人、夫婦で手をつないで確かめてみてください。

何気なくあるモニュメントや水遊びスペースも幻想的な空間に

aoba_simbolload_03_

さて、横断歩道を渡って交番の裏手へと抜けていくと、池に浮かぶ半透明な板のモニュメントが、三色のライトアップで幻想的な作品へ様変わり。

並木を照らすイルミネーションも先ほどとは打って変わって、シンプルな赤緑のクリスマスカラーになっています。ちょっぴり大人の雰囲気ですね。

aoba_simbolload_04_

さらに進むと、小さな川の流れるスペースに。夏場はお子さんが水遊びをする場所となっていますが、この時期のイルミネーションでは光のトンネルが出現。水に濡れないように注意しながら、間を覗けば・・・

aoba_simbolload_14_

こんな風景が見れますよ!

ツリーの間に架けられたのは友好の懸け橋? 水面に反射するイルミネーション

aoba_simbolload_15_

いよいよ青葉シンボルロードも端が見えてきました。

普段なら向こう側の噴水に視線がいってしまうのですが、いまはその手前にある池に目が奪われてしまうはず。なんの変哲もない池には、色とりどりのツリーが立てられています。

じつはこれ、姉妹都市をイメージした光の懸け橋という意味があるのだとか。

aoba_simbolload_05_どのツリーがどの都市を指しているか考えてみるのも面白いかも。

水面に反射するツリーがなんともきれいで思わず見入ってしまいました。

イルミネーションによる飾りつけは、普段あまり目を止めることがないようなスポットが、美しい場所に変身するというのも醍醐味のひとつ。よく青葉シンボルロードを歩くという方は、その変化を楽しんでみてもよいかもしれませんね。

〆は噴水イルミネーションでロマンチックに

aoba_simbolload_16_

青葉シンボルロードの終着点である常盤公園の「噴水広場」

普段からカップルが待ち合わせやデートの休憩に訪れることも多いこの公園ですが、イルミネーションの時期にはより一層、美しい噴水に磨きがかかります。定期的に上がる噴水もこの時期だけはライトアップでより優雅です。

時間ごとに噴水ショーも見れるので、「あれ? 噴水が出てない」と感じた方も少しだけ待ってみてくださいね。

aoba_simbolload_06_

迫力まんてんな演出で、盛り上がること間違いなしです。

aoba_simbolload_08_

普段は、ただの通り道だったり、目にも留めなかったようなモニュメントだったりが、様変わりする青葉シンボルロードのイルミネーション。開催期間は、11月18日(金)から2017年2月15日(水)まで。バレンタインまでデートで利用できますよ!

点灯時間は17:00~22:00が基本で、12月16日(金)から1月9日(月/祝)までは24:00までと長めなのも嬉しいところ。食事の後や平日の仕事帰りのデートでも利用できそうですね。

全長500m、22万球が使用されているこのイルミネーションは、デートコースにするだけでもロマンチックな気分になること間違いなし。カップルでしか味わえないアトラクションもありますから、ぜひふたりで歩いてみてください。

青葉シンボルロード

住所:〒420-0031 静岡県静岡市葵区呉服町2地先
開催期間:11月18日(金)~2017年2月15日(水)
点灯時間:17:00~22:00 ※12月16日(金)~2017年1月9日(月/祝)は24:00まで
アクセス:JR静岡駅から徒歩15分