静岡のDeepな心霊スポット【第4話】
日本平パークウェイ歩道橋(静岡市駿河区)

  • posted.2017/01/19
  • 安藤悟
  • Hatena 0
静岡のDeepな心霊スポット【第4話】 日本平パークウェイ歩道橋(静岡市駿河区)

静岡市駿河区~清水区にまたがる小高い丘、日本平。雲ひとつない快晴なら、富士山や伊豆半島、南アルプスの山脈が一望できる。

nihondaira_01

1959年には名勝指定を受けた絶景スポットだが、今日は心霊スポットとしての「日本平パークウェイ」をご紹介したい。

日本平パークウェイにまつわる怖い話

日本平パークウェイにはいくつかのルートがあるが、そのなかの駿河区ルートを走ると山道に架かる不自然な歩道橋が見える。ここに少女の幽霊が現れ、自動車やバイクの交通事故を誘発するという。

「夜中に小学生が歩道橋の上を歩いていた」「歩道橋を渡ったあと事故に遭った」などのウワサがある。なぜ、こんな山道に少女の幽霊が出てきたり、怪奇現象が起きたりするのだろうか。

じつはかつて、この歩道橋付近で交通事故が起きたそうだ。被害者は小学生の少女で自動車に轢かれて亡くなって以降、たびたび少女の幽霊が現れるようになったらしい。

歩道橋が作られた理由は、「被害者の母親が“同じ事故が起きないように”と市に頼んだ」「霊媒師が“歩道橋を作らないと少女の怒りが鎮まらない”と助言した」など、さまざまな説がある。

歩道橋を建造したのち、ここでの交通事故はなくなったという。

鬱蒼とした雰囲気が漂う日本平

nihondaira_02

歩道橋にはあえて清水区側から向かってみたい。日本平の山頂にある駐車場から、静岡方面へ下山するように自動車を走らせる。

nihondaira_03

ワインディングロードではあるが、道幅自体は狭くないので、ドライブやツーリングスポットとしての人気は高い。走り屋やバイク好きのあいだでは、「平(だいら)」「ぺったんこ」と呼ばれ親しまれているそうだ。

nihondaira_04

しばらく道なりに進むとトンネルが現れる。「日本平隧道」という表記は歴史の長さを感じさせ、急に鬱蒼とした雰囲気も漂い始めた。

nihondaira_05

トンネルを抜けて少し進むとバス停が現れる。「遊木の森入口」の停留所だ。

nihondaira_06

そして、すぐそばに歩道橋が見える。ここがウワサの交通事故が起きたとされ、心霊スポットと恐れられる歩道橋だ。

日本平の歩道橋のさらなる謎

nihondaira_07

日本平の歩道橋の交通事故は、根も葉もないウワサだという説もある。とすると、歩道橋が作られた理由は別にあることになる。

しかし「業者が利用する目的で使っていた」「いまは閉鎖されているキャンプ場へ行く道だった」など、こちらはこちらで正しい情報が出てこない。

2010年には「いまから怖い場所へ突撃する」と、掲示板サイト「2ちゃんねる」に書き込んだ投稿者が日本平で失踪する事件が起きた。その後、複数の2ちゃんねらーが日本平へ足を運んだが、投稿者は行方不明のままだったという。

じつは、日本平パークウェイの歩道橋のウワサには続きがある。少女の幽霊は現れなくなった代わりに大人の女性の幽霊が出るそうだ。誰かの見間違いか、あるいは被害者の少女が成長した姿なのか――。

日本平パークウェイはカーブが多く、見通しの悪い道だ。もし、現地へ訪れる際は安全運転をおすすめしたい。

 

今回ご紹介したのは静岡市駿河区の日本平パークウェイ歩道橋。

今後も静岡のDeepな心霊スポット探訪を続けていきたい。

まだまだある!静岡県内のDeepな心霊スポット

日本平パークウェイ

住所:〒422-8013 静岡県静岡市駿河区古宿
  • Hatena 0
プロフィール

Writer安藤悟

1987年生まれ。静岡県静岡市出身、在住。株式会社エストリンクス代表取締役社長。中学時代の趣味は読書(筒井康隆、PHP文庫の実用書)だった。10年以上ロックバンドでギターボーカルをしながら作詞作曲をする、“こじらせ系アラサー男子”。最近の趣味はダーツ、ボルダリング。Twitter:@ando3106 Facebook:satoru.ando.986

安藤悟の記事一覧