感動に出会う大井川鐵道沿線の旅【1話目】
スマホでもバッチリの撮影ポイントはココ!

  • posted.2017/05/26
  • Takashi
  • Hatena 1
感動に出会う大井川鐵道沿線の旅【1話目】 スマホでもバッチリの撮影ポイントはココ!

現役の蒸気機関車(以下、SL)が運行する大井川鐵道。沿線には一面の茶畑が織りなす田園風景が広がり、どこか懐かしくて落ちつく……。

そんな空気と時間が流れています。最近ではSLと並走する山崎賢人さんのCMでも知られていますね。

daitetsu_1道の駅 川根温泉の近くにある「SLの見える丘公園」付近より。

その魅力をお伝えすべく、これから何回かに分けて、沿線のことをお届けしていきたい思います。まずは大井川鐵道の概要に加え、スマホでも撮れる撮影ポイントのご紹介です。

島田市から静岡市まで!四季が彩るローカル線

大井川鐵道は、島田市の金谷から川根本町千頭をつなぐ「本線」、千頭から静岡市の井川を結ぶ「井川線」があります。ここで、静岡県民が誇るべき大井川鐵道のポイントを列挙すると……。

  • 本線を走るSLは年間走行日数で日本一!
  • 日本で唯一「きかんしゃトーマス号」も運行!
  • 井川線のトロッコ列車は日本唯一のアプト式!
  • 井川線の奥大井湖上駅は国内では珍しいダム湖上の駅!

※当記事の冒頭で表示した画像が奥大井湖上駅付近です。

「アプト式」とは、急勾配をのぼるための鉄道システムの一種。坂道専用の歯車が付いており、それをラックレールと呼ばれる歯形のレールに噛み合わせて走るのだそうです。

daitetsu_2

井川線については今回はこのくらいにして、まず本線のほうですね。誤解されやすいのが、SL急行の運行区間。普通列車とは異なり、SLは新金谷駅が起点、および終点になります。

本線は金谷から千頭まで全19駅。そのうちSLの停車駅は新金谷と千頭を除いて3駅のみで、それも千頭行きのみ停車、新金谷行きのみ停車という駅までありますので、詳しくはホームページで確認しておきましょう。

daitetsu_4

大井川沿いに広がるのどかな風景のなか、汽笛と噴煙をあげながら走るSLの姿を見れば、誰でも写真におさめたくなりますよね。撮りやすいポイントを、地図も添えてお伝えします。

定番! 道の駅川根温泉

道の駅でアクセス良好、しかも橋梁を渡るSLが見られるということで、撮影場所として大人気のポイントが「道の駅 川根温泉」です。

daitetsu_5

ここには「川根温泉 ふれあいの泉」という日帰り温泉施設や足湯もあり、川根の観光拠点となっています。ビギナーの方はまずここを目指すのがベター。ドライブ休憩にも最適です。

daitetsu_6道の駅に併設されている足湯。川根温泉は泉質のよさでも知られている。

ここから車で1分ほどのところに川根温泉笹間渡駅があります。笹間渡駅といえば、以前にステキなカフェを紹介しました。

笹間渡駅では午後の新金谷行きのみ、SLも停車します。頃合いを見計らってカフェでくつろぐのもいいですね。

一面の茶畑! 抜里駅付近

抜里は“ぬくり”と読みます。場所は川根温泉から少しくだり、大井川を渡ったところ。

daitetsu_7一面の茶畑越しに走る、新金谷行きSL急行。

daitetsu_8休日を中心に「サヨばあちゃん」という名誉駅長さんが駐在する抜里駅。

抜里駅からすぐ近くのポイントになるので、抜里駅を目指して向かえばOK。撮影の際は地元農家さんに迷惑のないようにしましょう。

往復どちらもSLが停車!商店も多い家山駅付近

家山駅では往路、復路ともにSLが停車します。大井川の支流である家山川に沿って桜並木が続き、その季節には一段と賑わうエリア。

daitetsu_9

撮影は河川敷に降りて下からでもいいですし、家山駅付近からでもOK。好きなポイントを探してみましょう。このあたりはお茶屋さんや飲食店も多く並んでいるので、散策もオススメです。

daitetsu_10

川根温泉から家山駅まで、今回選んだのは、島田市街からそう遠くない範囲です。撮影地マップが下記になるので、参考にしてください。

 
スマホで撮影する場合、被写体が遠いからといって指でズームするとブレやすくなり、なかなか綺麗に撮れません。それを踏まえ、線路からそう遠くない位置で撮影できる場所をセレクトしています。第2弾も用意していますので、どうぞお楽しみに!

 
ちなみに最初に紹介した井川線・奥大井湖上駅のマップはコチラです(寸又峡方面と接岨峡方面へわかれる二叉路を接岨峡方面へ向かい15分ほど。道の駅川根温泉から車で約50分)。

大井川鐵道

アクセス:新東名島田金谷ICから約20分(車で道の駅川根温泉に向かう場合)