静岡の大学生って普段なにしてんの?vol.2
カナダから帰国したばかりの留学生について

  • posted.2016/11/07
  • 吉松京介
  • Hatena 0
静岡の大学生って普段なにしてんの?vol.2 カナダから帰国したばかりの留学生について
掛川茶セット
掛川茶セット

吉松

吉松

吉松

あ、もしもし。吉松です。
ケンヤ

ケンヤ

ああ! どうも。この間はお世話になりました。

ケンヤくんは、「静岡の大学生って普段なにしてんの?」の初回に出演してくれた静岡大学の4年生です。

吉松

吉松

折り入ってお願いがあるんですけど・・・。もっと、いろいろな大学生の話を聞いてみたいと思っていまして、ケンヤくんに続いてこの企画を引き受けてくれる大学生を紹介してくれませんか?
ケンヤ

ケンヤ

わかりました! いいですよ! ちょっと探してみるので、また連絡します。

数日後、ケンヤくんから「次の子が見つかりましたよ! F研の後輩の藤村遥(ふじむらはるか)という子です。つい最近、海外留学から帰ってきました」とのメールが届きました。

※F研:静大フォークソング研究会のこと。静岡大学公認のバンドサークルである。

つい最近、留学から帰ってきた子。また面白そうな話が聞けそうです。ケンヤくんありがとう・・・!

すぐに連絡をとって会うことになりました。

帰国したばかりの留学生とご対面

――10月某日、駿府城公園にて

吉松

吉松

こんにちは! ケンヤくんから紹介を受けた吉松です。

藤村さん

藤村さん

藤村

こんにちは! 藤村遥(以下、藤村さん)です。緊張するなあ(笑)
吉松

吉松

(笑)ノープランの企画(前記事参照)なので自然な感じで大丈夫です。えーと、ケンヤくんの紹介ということで、藤村さんは静大生ですか?
藤村さん

藤村

そうです。静大の3年生ですね。本当は4年生なんですけど、1年留学していたので。
吉松

吉松

おーそうですか。ケンヤくんから留学については聞いてましたけど、1年も行っていたんですね。
藤村さん

藤村

そうなんです。留学先はカナダで、去年の8月23日か24日に出て、今年の8月15日に帰ってきました。
吉松

吉松

本当に帰ってきたばかりだ。そしたらなにしているのか、というか、なにしていたのか、といえば留学ですかね。
藤村さん

藤村

そうですねー。帰ってきてからだと実家でゆっくりしたり、1年ぶりに再会した友達と遊んだりはしていましたね。

留学の理由は「なにか言えるものを作ろう!」

藤村さん

僕は留学経験がないので、なぜ留学をしたのか、そしてカナダではどんな生活をしていたのか、やっぱり気になります。

吉松

吉松

なんでこう、留学をしようと思ったんですか?
藤村さん

藤村

えーとですね、私の周りには一芸に秀でた人が多いんですよ。それこそF研だと楽器が上手な人が多くて。「みんなはなにが得意~?」って聞くと、「ベース! ギター! 歌!」とか言うんですね。
吉松

吉松

ほう。
藤村さん

藤村

でも、そういう子たちと比べると私はなにもないし、いままでに「これ!」って打ち込んだこともなかったなーって(笑)

 

それなら英語が喋れると得だし、海外の文化にも興味があったので、なにか言えるものを作ろう!って留学に行きましたね。

吉松

吉松

へー! すごい行動力ですね。そうですか。海外の文化に興味があったっていうのは?
藤村さん

藤村

私、行く前から何人か海外の友達がいたんですよ。カナダじゃないんですけど、アメリカとか中国とか。やっぱり日本に住んでいても考え方が違うから・・・。

 

文化の違いっていうんですかね。それが面白いなと思って、向こうに行けばもっと味わえるんじゃないかなって。

留学生活では「カメラ」も学んだ!?

藤村さん

このきっかけから藤村さんは、静岡大学の協定校制度を利用してカナダのアルバータ大学へ留学。

英語圏の大学としては、アメリカのオハマにある大学も選択肢にあったそうですが、「カナダのほうがいろんな国の人がいる」と聞いて選んだそうです。

吉松

吉松

どうでしたか。カナダでの留学生活は。
藤村さん

藤村

楽しかったですけど、思ったより大変でした(笑)
吉松

吉松

そうですか(笑)語学留学ですよね?
藤村さん

藤村

最初の4か月はそうです。私はそのあとカメラの授業を取ってました。
吉松

吉松

カメラ? (自分の持っているカメラを指しながら)これですか?
藤村さん

藤村

そうです!
吉松

吉松

なんでまたカメラの授業を。
藤村さん

藤村

趣味がカメラなんですけど、どの授業をとろうか迷っていたときにたまたま見つけて。しかも少人数のゼミみたいな感じだったので、英語の練習にもなるだろうなって。

 

・・・あ、そのときに何枚か写真を撮ったんですけど、それを持ってきましたよ。

吉松

吉松

お、ほんとに。見せていただいてもいいですか。

エドモントン大学

藤村さんが通っていたアルバータ大学。

花

カメラの授業で撮影した花の写真。

ポートレート

カナダの友達にモデルを頼んで撮影したポートレート。

ふくろう

番外編。静岡の掛川花鳥園で撮ったふくろうです。目の色は本来、オレンジだったそうですが、画像編集で変えたそう。

吉松

吉松

どれもめちゃくちゃきれいですね・・・。
藤村さん

藤村

ありがとうございます! 「写真の構成はこう! 写真の要素はこれ!」とかいう授業だったので、意外ときちんと勉強できましたね。

ひたすら飲み歩いていた留学生活

トロントカナダの首都トロントの街並み。 写真提供:藤村さん

留学生活の大半を過ごしたカメラの授業。でも、ほかの時間はびっくりするような過ごし方をしていました。

吉松

吉松

写真の授業以外はなにをしてたんですか?
藤村さん

藤村

毎日、友達と飲みに行ってました(笑)現地のみんなに「英語勉強するには飲みに行くのがいいよー!」って言われたので。だから積極的に行ってましたね。
吉松

吉松

へー! 飲みが英語の勉強にいいなんてはじめて聞きました。実際、勉強になりました?
藤村さん

藤村

どうですかね(笑)最初はもちろん、なにを言ってるのかわからなかったんですけど、6か月目から「聞けるかも」ってなって、8か月目くらいで「聞ける!」ってなりました。
吉松

吉松

なるもんなんですねー。喋るのもそうですか?
藤村さん

藤村

同じくらいですかね。いまも完璧には喋れないですけど、8か月目くらいで喋れるかもってなりました。
吉松

吉松

じゃあ、ひとつ芸が身に付いたわけですね。
藤村さん

藤村

(笑)そうですね。いまなら大学生活で「英語を頑張りました!」って言えそうです。

留学してよかったことは・・・

モントリオール大聖堂カナダで2番目に大きい都市、モントリオールの大聖堂。 写真提供:藤村さん

吉松

吉松

じゃあ、留学してよかったことってなんでしょうか? もちろん英語はあると思うんですけど。
藤村さん

藤村

そうですねー。ありきたりな話ですけど、価値観ですかね。価値観が広がったなと思います。いろんな国の人と話したので、この国の人はこんな考え方なんだなとか。
吉松

吉松

留学で価値観が変わるってよく聞きますけど、あれは本当なんですね。
藤村さん

藤村

性格は変わってないって言われますけどね(笑)やっぱり人も環境も食べ物も違うので、変わるんじゃないかなって思います。
吉松

吉松

あーそうか。なにもかも違いますもんね。性格が変わったって自分自身では思いますか?
藤村さん

藤村

向こうにいるときだけは違った気がします。よく言うんですよ。留学した人に話を聞くと、「英語を喋ってるときはちょっと性格違うよねー」みたいな。
吉松

吉松

え、なんですかそれ。

エドモンド大学の横断歩道アルバータ大学内の横断歩道。 写真提供:藤村さん

藤村さん

藤村

んーなんなんですかね(笑)・・・たとえば、向こうの人はいい意味でいろいろ気にしないので、私も気にしなくなります。向こうで化粧をしたことなんて3回か4回くらいでした。服も10秒あれば決まったし。

 

あと人前で喋ることもこっちだと苦手ですけど、向こうだったら大丈夫ですし・・・。日本に帰ってきて人前で喋る機会があったときなんて、「あれ? 喋るの苦手だぞ」って思いましたね。

吉松

吉松

面白い! そんなことあるんですか。
藤村さん

藤村

あるんですよねー。ないですか?
吉松

吉松

僕は留学したことないので・・・。あ、親が大阪出身なので、実家だとちらっと大阪の言葉が入るんですけど、そのときの自分はもうひとりの自分みたいな感覚がありますね。
藤村さん

藤村

あ! やっぱりそうですか? そういうもんなんだ。
吉松

吉松

たぶん・・・? でも、日本ですらそうなんだから、外国だと余計に変わるんだろうなって思いました。ここも価値観が変わることのひとつなのかなと。すごく納得しました。
藤村さん

藤村

かもしれないですね。よかったです(笑)

藤村さん

大学生のころに僕も留学しておけば・・・なんて思ってしまうほど楽しそうに話してくれた藤村さん。

「なにか言えるものを作ろう!」が留学に行った理由でしたが、英語だけでなくいろんな言えるものができたように見えました。

また「大学生活あと1年間、なにをして過ごしますか?」という質問には、「まずは就活。あとは海外にいろんな友達ができたので、世界を巡っていきたいな~!」と答えてくれました。自前の一眼レフを持って行って、旅のプチ写真集を作ることも考えているそうです。

大学生のいまだからできることだと思いますし、なによりめちゃくちゃ面白そう。また帰ってきたときには話を聞いてみたいなーと思いつつ――。

厚かましいことに、藤村さんにも次の大学生を紹介してもらいました!! 

この企画、まだまだ続きそうです。