お父さんが喜ぶ最強のプレゼントを探せ!
父の日グランプリ2017 in新静岡セノバ

  • posted.2017/06/14
  • 吉松京介
  • Hatena 1
お父さんが喜ぶ最強のプレゼントを探せ! 父の日グランプリ2017 in新静岡セノバ

6月第3日曜日。アメリカのワシントン州から始まったとされる「父の日」は、いまや日本でも恒例の年中行事となっている。

日ごろは伝えづらい、お父さんへの感謝の気持ちをどう表そう?

父の日グランプリ2017は、お父さんに喜んでもらえる最強のプレゼントを、自らのセンスで選び抜く競技会である――。

c-1gp_01

こんにちは、miteco編集長の吉松です。

除夜の鐘グランプリから始まったグランプリシリーズも、早5回目となりました。そして今回、静岡県による「ふじのくにシャツ」のブランド PR の機会をいただいて企画しています!

ふじのくにシャツとは、静岡県に根付いた伝統の技術をもとに製造、販売されているシャツのこと。詳しくは先日公開した記事で、編集部の山口がガッツリ取材しているのでそちらをご覧ください。

「いや、これ絶対にふじのくにシャツが選ばれるよね?」と思った人、きっといますね。始めに言っておくと、たしかに選びますけども、最優秀賞になるかどうかはわかりません。

さて父の日グランプリ2017は、以下のふたつの工程で進めます!

  1. プレゼント選び:舞台は静岡市葵区鷹匠にある「新静岡セノバ」。新静岡駅直結の複合商業ビルで、ショップ数は約140店舗にも及ぶ。参加者は3F~4Fフロアでプレゼントを選んでもらう。
  2. プレゼン:舞台は同じく新静岡セノバの「けやき通り口」でおこなう。後ほど紹介する審査員に対して、「なぜこのプレゼントを選んだのか」をそれぞれアピールしていく。アピールはできるだけ簡潔に。

以上を踏まえまして、ルールは「予算は一切問わない」のひとつだけ。

それでは父の日グランプリ2017の開幕です!

プレゼント選び1番手:式由理香

c-1gp_02

トップバッターは、連載「しぞ~か看板娘」の第4弾に出演してくれた式由理香さん。PERFECT所属のプロダーツプレイヤーで、今期のプロツアーではmitecoもスポンサーとしてバックアップ中です。いったいどんなプレゼントを選ぶのか・・・。※撮影同行として編集部の山口が付いています。

c-1gp_face_04

山口

式さんのお父さんってたしか、イベント会社をやってるんだよね。
c-1gp_face_01

そうですね。だからプレゼントって聞いて、パッと浮かんだのは仕事に使えそうなアイテムでした
c-1gp_face_04

山口

シャツとかネクタイとか・・・?

c-1gp_03

はじめに式さんが足を運んだのは、4Fフロアにある「BRICK HOUSE シャツ工房」。ビジネスシーンにピッタリなワイシャツ、ブラウスの専門店です。

c-1gp_face_04

山口

お父さんがよく着てる柄は?
c-1gp_face_01

仕事のときはいつもストライプ系を着てますね。お父さんは好みとかあるのかな・・・。とりあえず人気の柄とか聞いてみたいです。

c-1gp_04シャツ工房の中村さんが対応してくれました。

c-1gp_face_05

中村

男性ならストライプがベターですよね。色だと青とか白が1年中人気ですね。
c-1gp_face_01

ストライプ、青、白・・・。
c-1gp_face_05

中村

少し変わった感じだと「インナー付き」ですかね。これ普通のシャツに見えますけど、裏返すとすごいんです
c-1gp_face_01

え、見たい!

c-1gp_05

c-1gp_face_05

中村

このように肌着が縫い付けてありまして、脇汗パットまでついているんですよ。インナーがいらないので出張が多い方には便利ですし、汗をかきやすいこれからの時期にはピッタリですね
c-1gp_face_04

山口

これは新しい! めちゃくちゃ便利ですね。
c-1gp_face_01

パットいいですね。私も汗かきやすいですし・・・。
c-1gp_face_04

山口

(笑)じゃあ、お父さんもそうじゃないの?
c-1gp_face_01

かもしれないですね(笑)よし。第一候補にして、次に行きましょう!

c-1gp_06

次はみなさんご存じ、3Fフロアにある総合生活雑貨の「東急ハンズ」へ。なんでも見つかるのでプレゼント選びに難航したらもってこいかも。

c-1gp_face_01

あ! ファザーズデイって書いてある。
c-1gp_face_04

山口

父の日のプレゼント用に展開してんのかな。
c-1gp_face_01

お酒がいっぱい。これはいいかも。
c-1gp_face_04

山口

お父さんはよくお酒を飲むの?
c-1gp_face_01

かなり飲みますね。・・・お酒をプレゼントするってどうなんだろ?
c-1gp_face_06

川﨑

お酒とかグラスのプレゼントは定番のひとつですよ!(さっと登場)

c-1gp_07

c-1gp_08機転を利かせたアドバイスをくれたのは東急ハンズの川﨑さん。

c-1gp_face_01

グラスもですか?
c-1gp_face_06

川﨑

プレゼントってなると、自分では買わないけどもらったら嬉しいものがおすすめです。グラスは自分で揃える方が少ないんです。
c-1gp_face_01

じつは私のお父さんは、いつも決まったグラスを使っているんですよ。
c-1gp_face_06

川﨑

そうなんですか! よく飲まれるんですね。
c-1gp_face_04

山口

逆にグラスを提案してみるのはいいんじゃない? 「これどう?(式)」「お~ゆりかわかってんな!(お父さん)」みたいな。
c-1gp_face_06

川﨑

いいですね!(笑) たとえば、こちらの商品はいかがですか?

c-1gp_09

c-1gp_face_01

かわいい!
c-1gp_face_06

川﨑

底が富士山になっててかわいいですよね~。しかもとても軽いんですよ。
c-1gp_face_04

山口

うわ、軽い。ダーツバーとかにあるハウスダーツを入れる箱みたいな。
c-1gp_face_01

ちょっと、ダーツで例えるのやめてください(笑)

c-1gp_45山口はこの入れ物のことを言っていたそうです。後日、式さんに撮影してもらいました。

c-1gp_face_01

でもな~。すごくいいんですけど、私は父の日よりも富士山の日みたいなイメージがします。
c-1gp_face_06

川﨑

そうですか~。あとはお酒とグラスとおつまみが入ったセットもありますよ。
c-1gp_face_01

え! そんなのあるんですか。
c-1gp_face_06

川﨑

種類はいろいろあるんですけど、こちらは海外のビールとそれに合ったおつまみとグラスがセットになっていておすすめです。
c-1gp_face_01

うわ、いい! ・・・シャツも気になるけど。
c-1gp_face_04

山口

お父さんはお酒好きなんでしょ?
c-1gp_face_01

そうですね・・・。私、決めました!

c-1gp_10

便利すぎるスーパーシャツと悩みながらも、お酒好きなお父さんのために「ビール」「おつまみ」「ビールグラス」がセットになったギフトボックスをチョイス! お父さんはもらったその瞬間から晩酌を始めちゃいそうですね。

トップバッター:式由理香

 

プレゼントに選んだのは、ドイツのビール「ヴァルシュタイナー」、イギリスのスナック菓子「ペンステイトミニ(オリジナルソルト、サワークリームチャイブ)」、飲み口が薄い「薄氷(うすらい)ビヤーグラス」がセットになったギフトセット(ボックス入り)。これだけ揃ってお値段は1,820円+税。かなりリーズナブルです。

プレゼント選び2番手:馬場葵

c-1gp_11

2番手はmiteco編集部の馬場葵。前回の海鮮丼グランプリでは、びっくりアイデア丼を作った強者です。予想の斜め上をいく彼女のオリジナリティはまたしても発揮されるのか。見ものです。※馬場の撮影同行には吉松が付いています。

c-1gp_face_03

吉松

どんなプレゼントを選ぶか目処はついてんの?
c-1gp_face_02

馬場

ん~。靴下でいこうと思ってます
c-1gp_face_03

吉松

お、靴下ね。またなんで?
c-1gp_face_02

馬場

あんまり背伸びしたものは選べないから、等身大で手の届きやすいものがいいかなと思って。でもちょっとかわいい靴下がいいですよね。あんまり買わなそうだし。

c-1gp_18

ということで、4Fフロアにある靴下専門店の「靴下屋」へ。シンプルなデザインからおしゃれな総柄までバラエティに富んだ品ぞろえで、見逃しがちな足元をコーディネートしてくれます。

c-1gp_face_03

吉松

ちょっとどころか、かなりかわいい靴下がめっちゃある。
c-1gp_face_02

馬場

これは悩んじゃうな~。どうやって選べばいいかわかんない。
c-1gp_face_03

吉松

お、こっちは父の日用の靴下が並んでる。
c-1gp_face_02

馬場

ほんとだ。ちょっと店員さんにアドバイスもらおうかな。

c-1gp_12

c-1gp_13アドバイスを快く引き受けていただいたのは、靴下屋の青木さん。

c-1gp_face_07

青木

父の日のプレゼントですね。靴下を贈る方はけっこういらっしゃるんですよ~。どんなものをお探しですか?
c-1gp_face_02

馬場

あの、お父さんと娘で色違いで履けるようなものってありますか?
c-1gp_face_07

青木

色違い! ドットのものでしたら。こちらですね。

c-1gp_14

c-1gp_face_07

青木

これなんですけど、色もどれも使いやすくていいですよ。お父さまは普段どんな服装を?
c-1gp_face_02

馬場

シャツにチノパンに黒いスニーカーとかですかね。
c-1gp_face_07

青木

チノパンとかならグレーですかね~。女性用は男性のものと色味をリンクさせるようにして、お揃いで履いたらちょうどかわいいと思います。
c-1gp_face_02

馬場

お父さんの足元からこれが覗いてたらいいな。あ、でも父の日なのに自分に買うってよくわかんないか。難しい!
c-1gp_face_07

青木

難しいですね~(笑)もしルール的にふたつ選んでも大丈夫なら、お仕事用と休日用で選んでみるのもよさそうですけど
c-1gp_face_02

馬場

たしか大丈夫でしたね。それありですね!
c-1gp_face_07

青木

そしたらお仕事用は、父の日限定デザインのネクタイ柄なんてどうでしょうか?

c-1gp_15

c-1gp_face_07

青木

ドットがついてかわいらしさもありますけど、黒とかネイビーなら落ち着いてなんにでも合わせやすいです。お仕事に履いてもいけちゃうと思います。
c-1gp_face_02

馬場

よし、ひとつ決めました。ネクタイ柄の黒をお仕事用にします
c-1gp_face_03

吉松

即決! 早いな。
c-1gp_face_02

馬場

へっへっへ。もうひとつは休日用ですね。
c-1gp_face_07

青木

休日用はそうですね~。同じく父の日限定デザインのサーフィン柄はどうでしょうか?

c-1gp_16

c-1gp_face_07

青木

ちょっと凝っている柄でして、カラーが違うと刺繍されている男の人が履いている靴下の色も違うんですよ。
c-1gp_face_02

馬場

かわいい。すごく気に入りました。・・・でも色は迷っちゃいますねえ。青いのかな、いやこっちかな。
c-1gp_face_07

青木

あー! グレーは捨てがたいですよね。でもブルーはこれ(ネクタイ柄)と合わせると、色味がいい感じですよ。ブルーで統一されるので。
c-1gp_face_02

馬場

なるほど! これでいきます!
c-1gp_face_07

青木

わ、ありがとうございます。じゃあ、用意してきますね。
c-1gp_face_03

吉松

はや。

c-1gp_17

「プレゼンのときによかったら使ってください」と、ラッピング用の箱と袋もつけてもらった馬場。「お父さんと色違いで履けるもの」といった話をしていたところを見ると、一緒になにかすることを考えているのかも?

2番手:馬場葵

 

父の日限定のデザイン「ネクタイ刺繍ドットソックス」「綿ブークレ切替サーファー」の2点を選びました。お値段はネクタイ柄が1,000円+税、サーフィン柄が900円+税です。

 

プレゼント選び3番手:吉松京介

c-1gp_19

3番手は僕、吉松がまいります。ここまでふじのくにシャツが出てきていない、ということは僕が選ぶわけです。しかしですね、ふじのくにシャツといっても5つの種類があります。

山口が取材した「武襯衣(むしゃ)」は撮影同行もしたので知っているんですが、セノバさんで取り扱っているのは「島田帯シャツ」。じつはあまり調べずに来てしまったので、店員さんに説明してもらいつつ納得した上で選びたいなとは思っています。※吉松の撮影同行には馬場が付いています。

c-1gp_face_02

馬場

ついにですね。
c-1gp_face_03

吉松

変なプレッシャーかかるからやめて。
c-1gp_face_02

馬場

販売しているのは、・・・えーと。読めない。
c-1gp_face_03

吉松

「流儀圧搾(りゅうぎあっさく)」さんな。

c-1gp_20

こちらが島田帯シャツを取り扱う、4Fフロアの和柄ファッションブランド「流儀圧搾」。カジュアルブランド「METHOD」で和柄を展開していたところ、徐々に人気が出て派生したそう。それだけに和柄といっても、身に付ける人を選ばなそうなアイテムが数多く展開されています。

c-1gp_face_03

吉松

父の日用に展開してるアイテムがたくさんある。
c-1gp_face_02

馬場

ですね。なんか和柄って聞いてイメージしてたものと違うかも。
c-1gp_face_08

スタッフ

こんにちは~。こちらです~。

c-1gp_21流儀圧搾の店長、川口さん。ニッコリいただきました。

c-1gp_face_03

吉松

島田帯シャツはもしかして後ろの?
c-1gp_face_08

川口

そうですね。こちらに並んでいるのが島田帯シャツです。。
c-1gp_face_03

吉松

じゃあ、着ていらっしゃるのもそうですか。「おしゃれな総柄シャツだな~」と思っていたんですけど。
c-1gp_face_08

川口

(笑)ありがとうございます。

c-1gp_22

c-1gp_face_03

吉松

島田帯シャツっていうのはどんなシャツですか?
c-1gp_face_08

川口

昔から帯の文化が根強い、島田市のご当地シャツなんですけども。日本三奇祭のひとつ「帯祭り」が3年に1度開催されているように帯自体が特色なものですから、それをいまにも伝えていきたいっていうブランドですね。
c-1gp_face_03

吉松

シャツに帯地が使われているんですか?
c-1gp_face_08

川口

部分的にです。胸ポケットのところにワンポイントで柄が入ってますよね。それが帯地です。

c-1gp_23色は柳色といいますか、さりげないワンポイントが帯でした。

c-1gp_face_03

吉松

そしたらシャツ全体の生地は島田で作っているわけではない?
c-1gp_face_08

川口

じつは浜松で全体を作りまして、最後の仕上げとして島田で帯を付けているんですよ。タグに書いてある「地域と人を結ぶ」っていうコンセプトは、ここからきているんですよね。
c-1gp_face_03

吉松

はーなるほど! なんとなくわかってきました。本題ですけども、父の日にこのシャツを選ぶ人は?
c-1gp_face_08

川口

ひと言でいうと多くはないです
c-1gp_face_03

吉松

多くはない。
c-1gp_face_08

川口

かなり凝って作られているので、お値段がそこそこするんですよね。税別で12,800円です。

c-1gp_24

c-1gp_face_02

馬場

けっこうしますね~。
c-1gp_face_03

吉松

そこそこするね。・・・でもいいものをあげたいならアリか。
c-1gp_face_08

川口

その通りですね。いいものをあげたいなって方には、必ずこれをお見せしてます。毎年この時期だと5着くらいは手に取っていただけますかね。
c-1gp_face_03

吉松

お値段だけの価値はあるってことでいいですか?
c-1gp_face_08

川口

もちろんです。たとえば、琉球紅型っていう沖縄の工芸をモチーフにした細かい柄があるんですけども。これは色をつけたくない箇所にせき止めを作って、地道に染料を流し込む「注染染め」という技法を使って染め上げていて。まあ、細かい作業が必要になるので、完成までに時間がかかりまくってるんですよ
c-1gp_face_03

吉松

・・・めちゃくちゃ大変な工程で作っていることはわかりました。
c-1gp_face_08

川口

僕はいろいろな和柄を見てきましたけど、ここまで細かい注染染めは見たことないですね。

c-1gp_25

c-1gp_face_08

川口

あとお父さん向けにわかりやすいのは、着心地ですね。
c-1gp_face_03

吉松

そういうの待ってました! 教えてください。
c-1gp_face_08

川口

これじつは、生地が織られる際に縦の糸と横の糸のあいだにすき間が空けられているんですよ。そうすると通気性が高くなるので涼しくなると
c-1gp_face_03

吉松

おおーいいですね。わかりました。正直なところ、「高いな~」と思ってましたけど、ここまでこだわっているならアリかも。じつは親父は過去にアパレルのオーナーをやっていて、お店は少し高級志向だったらしいんですよね。
c-1gp_face_08

川口

おお、そうですか! それならきっと喜ばれると思いますよ。
c-1gp_face_03

吉松

そうですね! でも色がな~。どうしようかな。
c-1gp_face_08

川口

僕がいつもお客様に伝える言葉があって。「迷ったらはじめにピンときたものを」ですよ。

c-1gp_26

島田帯シャツはほかにも、背中のタック(折り込みのところ)が深めに入っていて肩を動かしやすいなどのメリットがあるとのこと。昔、やたらと服にこだわっていた親父には、こだわりの1品のほうがよさそうかな。

3番手:吉松京介

 

島田市で創業160余年の老舗「登美屋(とびやん)」製の島田帯シャツを選びました。お値段は12,800円+税です。

新静岡セノバ南口にて緊張のプレゼンタイム

c-1gp_27

参加者のプレゼント選びが終わり、プレゼン会場となる新静岡セノバのけやき通り口に移動。最優秀賞を行方を左右する、大切な時間が始まります。

ここで審査員に登場いただきましょう。父の日グランプリ2017の審査員はこの人!

c-1gp_28

c-1gp_profile_01

中澤秀紀(ジミー中澤)

SMILE WAVEの屋号でフリーライターとして活動しつつ、ライフシフトラボ合同会社代表を務める静岡市出身在住の53歳。2017年よりふじのくにシャツサポーターを務める。大学4年生の息子がいるお父さん。

ふじのくにシャツのブランドPR関連で、めちゃくちゃお世話になっている中澤秀紀さんです。僕たちの歳と近い息子がいるとのことで、リアルなお父さん目線から審査していただけるのでは、とお願いしました。

c-1gp_29

c-1gp_face_09

中澤

吉松くんさ、これはガチで選べばいいんだよね?
c-1gp_face_03

吉松

ガチで選んでください。よろしくお願いします。

それでは「なぜこのプレゼントを選んだのか」をそれぞれアピールしていく、プレゼンタイムスタートです! プレゼントを選んだ順番で進めていきます。

プレゼン1番手:式由理香

c-1gp_30

c-1gp_face_01

私が選んだのは、ドイツ製のビールと海外のお菓子、そしてビールグラスがセットになったギフトボックスです! お父さんはお酒が大好きなので、プレゼントしてあげたいなって・・・。でもお酒だけだと飲んでおしまいなので、普段から使えるグラスもついたセットにしてみました。

c-1gp_31

c-1gp_face_09

中澤

ドイツ製にしたのはどんな想いがあるの?
c-1gp_face_01

せっかくの父の日なので、いつものとは違う変わったものがいいかなと思いました。
c-1gp_face_09

中澤

なるほどね~。はい! わかりました。

プレゼン2番手:馬場葵

c-1gp_32

c-1gp_face_02

馬場

私が選んだのはふたつの靴下です。こっちはネクタイ、もうひとつはサーフィンしている男の人が刺繍されていて。お仕事の日はネクタイのほうを履いて頑張ってもらって、お休みの日はサーフィンのほうを履いて私と遊びに行こうねっていう。どちらも父の日限定のデザインで、とってもかわいいんです。

c-1gp_33

c-1gp_face_09

中澤

いいね~。お父さんとは仲がいいの?
c-1gp_face_02

馬場

とってもいいです。帰省したときは一緒に遊ぶこともあります。
c-1gp_face_09

中澤

そっかそっか。ありがとね。

プレゼン3番手:吉松京介

c-1gp_34

c-1gp_face_03

吉松

僕が選んだのは、もうご存じだと思いますが、島田帯シャツです。親父は昔にアパレルのオーナーをやっていまして、しかもちょっと高級志向な。だからこだわりの1品のほうがいいかなと、僕も納得して選びました。たとえば、縦の糸と横の糸のあいだにすき間が空いていまして、このおかげで通気性がよくなっていると。

c-1gp_35

c-1gp_36

c-1gp_face_09

中澤

あ~そういうことなんだ。これが通気性を変えるのね。
c-1gp_face_03

吉松

これからの夏にもピッタリでございます。
c-1gp_face_09

中澤

そうだね。よし、わかりました。

最優秀賞は誰の手に? 父の日グランプリ2017結果発表

c-1gp_37

プレゼント選び、そしてプレゼンタイムが終了しました。ついに審査員の中澤さんによる結果発表です。いったい誰が最優秀賞に輝くんでしょうか・・・!

c-1gp_face_09

中澤

それでは選ばせていただきます――。

c-1gp_38

c-1gp_39

c-1gp_41

c-1gp_face_09

中澤

はい! 馬場葵ちゃんです!
c-1gp_face_02

馬場

やったーー!!

c-1gp_42

c-1gp_face_01

うわあ~! 負けちゃった。
c-1gp_face_03

吉松

なんてこった・・・。

c-1gp_43

c-1gp_face_09

中澤

それぞれね、お父さんのことを考えて選んでくれたと思うんだけど。「休みの日は私と一緒に」っていうのは、お父さんとしてなによりも嬉しいんだよ。そういうお父さんを想う気持ちがね。
c-1gp_face_02

馬場

嬉しい。気持ちが伝わってよかったです。
c-1gp_face_09

中澤

ちなみに自分の趣味がサーフィンなのは知ってたの? ※中澤さんの趣味はサーフィンです。
c-1gp_face_02

馬場

え! 存じ上げませんでした。偶然です。
c-1gp_face_09

中澤

へえ~すごい偶然だね。本当なら島田帯シャツなんだけど、ガチで選ばせていただきました。馬場さんのミラクルにやられたね。吉松くん、もうちょっとだったよ(笑)
c-1gp_face_03

吉松

精進します・・・。

c-1gp_44

父の日グランプリ2017in新静岡セノバの最優秀賞は、靴下屋の父の日限定デザイン、「ネクタイ刺繍ドットソックス」「綿ブークレ切替サーファー」を選んだ馬場葵になりました! おめでとうございます。

いやでもほんとに、「休みの日は私と一緒に」というのはキラーワードだなと思いました。僕に子供はいませんが、もし将来そんなことを言われた日がきたら、きっと泣いてしまうでしょう。

静岡県によるふじのくにシャツのブランドPRの一環でおこなわれた企画でしたが、僕の力不足によって最優秀賞に導けず悔しい思いです。大変申し訳ございませんでした。

さて父の日はもう直前です。お父さんへの感謝の気持ち、みなさんはどう表す予定でしょうか? 中澤さんによると「一緒に過ごすこと」はお父さん的にとても嬉しいことなので、プレゼントを渡しつつご飯を食べに行くとか、そんな何気ない時間を大切に過ごしてほしいと思います。

それではよい父の日を!

静岡県ふじのくにシャツのホームページはこちら⇒http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-560/261003hujinokunishirts.html

編集後記「馬場、お父さんに靴下を贈る」

編集部の馬場葵は最優秀賞を獲得した靴下を、福島は郡山に住んでいるお父さんにプレゼントしました。もちろん父の日、お父さんへの感謝の気持ちを込めて。

プレゼントを受け取ったお父さんの様子が、現地に駐在する馬場特派員(馬場のお母さん!)よりLINEで届きましたので、そのままお届けさせていただきます。

c-1gp_46

c-1gp_47

c-1gp_48

c-1gp_49

都合上、ぼかしを入れていますが、お父さんの写真は全て最高の笑顔でした。現場からは以上です。

※2017年6月28日追記