「丁寧な暮らし」の呪縛にお守りを
日々に寄り添う雑貨・お洋服「Fosset」

  • posted.2019/03/27
  • 馬場葵
  • Hatena 0
「丁寧な暮らし」の呪縛にお守りを 日々に寄り添う雑貨・お洋服「Fosset」

「丁寧な暮らし」なんて言葉をよく目にするようになった昨今。わたしだって乱雑な生活を続けたいわけじゃない。でも丁寧に暮らすって、どうやって? なにから手をつけるべきかもわからない。その日もわたしはボディソープを買い忘れ、ピアス穴を膿ませたままだった。

ほどなくして「Fosset(フォセット)」に出会えたのは、なにかの必然性、あるいは固結びにされた糸なんかを、しぜんと手繰りよせていたのかもしれない。

―――以上が手記の内容です。

Fossetのあらまし

fosset_ (1)

新静岡駅から徒歩10分弱。けやき通り沿いを歩くうち、食パンみたいに真四角の建物が目に入ります。暮らしの雑貨とお洋服「Fosset」は、2018年12月に7周年を迎えました。

fosset_ (2)

fosset_ (3)

所狭しと並んでいるのは、日々愛着を持って使い込めるような、作家もののアイテムが中心です。オーナーの白取さんが見て、触って、いいと感じたもののみ。これこれ、これが欲しかったんだよと、琴線にぴったりふれてくるようなアイテムに巡り合えます。

Fossetでそろう生活の品

fosset_ (4)

豊橋の陶芸家、鈴木史子さんが焼き上げる額縁のような耐熱皿。こっくりとマットな質感で、使い込むほどに味が出てくるといいます。

fosset_ (5)

フランス伝統のマルセイユソープ。左のボトルからディッシュソープ、ブラックソープ、マルチクリーナーです。ブラックソープとは簡単にいえばホームクリーナーで、キッチンの頑固な油汚れのほか、木・革製の家具にも使えます。便利。

fosset_ (6)

デンマーク生まれのステーショナリーメーカー「KARTOTEK COPENHAGEN(カトテックコペンハーゲン)」によるノート。北欧らしい表紙デザイン、書き心地のいい乳白色のページ、耐久性にも優れています。

働く女性のためのノートとのことですが、男性が使ってもチャーミングです。

fosset_ (7)

fosset_ (8)

fosset_ (9)

一つひとつ見ていたらキリがないとわかっていても、つい見入ってしまう品ぞろえです。キッチングッズに混じる、正方形に切りとられた金網のようなものは鍋敷き。スタイリッシュなビジュアルのよさはもちろん、効率的に熱を逃がせる優れものです。

fosset_ (10)

季節にあわせた絵本もありました。ときには焼き菓子やジャム、コーヒー豆なども並び、なんの目的もなしにふらっと立ち寄っても目が楽しい。「たまたま通りかかった」「贈りものを探しに」「恋人と一緒に使える日用品を」と、年齢・目的もいろいろのお客さんが訪れるそうです。

作家さんによる展覧会での出会いも

fosset_ (11)

Fossetでは定期的に、作家さんの品々をあつめ展覧会を開いています。わたしがはじめて足を運んだ2018年12月末には、ガラス、アクセサリー、リース作家さんらによる「冬の贈りもの展」が行われていました。

fullsizeoutput_e4会期中は2階が会場に 画像提供:Fosset

fosset画像提供:Fosset

アクセサリー作家・kicoさんによる、繊細な植物をモチーフにした作品。

わたしもこちらのピアスを愛用していますが、とっても軽くて意外に頑丈(お水には弱いそう)。布花の風合いがやさしくて、キラキラした小物が似合わないわたしには救世主でした。これを着けたいがために、あの手この手で耳たぶ治してよかった。

展覧会が終わったあとも、作品のうち何点かは常時取り扱いがあるので、気になる方は足を運んでみてください。

fullsizeoutput_170

2019年3月30日(土)~4月7日(日)には、はきものと革もののブランド・トートーニーさんによる個展「トートーニー展 ーBag・Walletー」を開催。表情豊かな革のバッグや小物が並びます。会期中のカラーオーダー会は、自分好みのバイカラーウォレットが手に入るチャンスです。

fosset_ (13)

以前ピアスとあわせて購入した、バングラデシュから届く「She with Shaplaneer(シーウィズシャプラニール)」のソープ。わたしはレモングラスの香りを選びました。天然素材から作られる石鹸はどれも、フワフワの泡立ちです。

なによりお風呂あがりに、体がひどく乾燥することがなくなりました。洗い心地もよいので、お肌にやさしいボディソープをお探しの方はぜひ。

fosset_ (14)

足元のおしゃれが楽しくなる春に重宝しそうな靴下たち。「KARMAN LINE(カーマンライン)」は靴下の名産地、奈良で編まれています。星座や惑星をモチーフにしたアイテムは、素材も、デザインも、編み方もさまざまです。

ピアス、石鹸はわたしが実際に使っているもの、靴下はオーナー・白取さんから「夜はまだ冷えるので」とおすすめいただいたアイテム。これらがそばにあってくれたら、もう少し背筋を伸ばして生きられそうです。

fosset_ (15)一つひとつに手書きの商品説明

ほんとうに大切な食器と、大好きな香りの石鹸、それにお気に入りの靴下とピアスがあれば、不安定な毎日のほのかな光になってくれる気がしませんか。

時間を浪費しても、たまには散財したって大丈夫。よその生活と比べなくていいのよと、Fossetから連れ帰ったアイテムが「丁寧な暮らし」の呪いをといてくれます。

ここにあるのは、丁寧に生きられたらと願う人たちのお守りだ。手記にそう付け足しました。

Fosset(フォセット)

住所: 静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目20-11
電話番号:054-293-5000
営業時間:11:00~19:00(木曜日は17:30まで)
定休日:不定休
駐車場:1台あり