大学新3年生、エンドウゲンポウが送る!
しずおか必勝デート法 ~KAGIYAビル編~

  • posted.2017/03/21
  • ゲンポウ&マサト
  • Hatena 0
大学新3年生、エンドウゲンポウが送る! しずおか必勝デート法 ~KAGIYAビル編~

こんにちは、マサトです。

先日、ゲンポウからいきなり呼び出しのラインが届きました。

kagiyabiru_001

すでになんか嫌な感じしかしませんが、とりあえず指定された場所、浜松市中区の「KAGIYAビル」に来ています。しかし指定してきた時間になっても、ゲンポウの姿が見えません・・・。イライラ。

kagiyabiru_profile_01

KAGIYAビル

浜松市中区田町にあるクリエイタービル。築50年以上の建築をリノベーションして誕生。地下1階から地上4階までのスペースに、クリエイティブなお店が多数入居している。いわば、浜松カルチャーの発信地。

kagiyabiru_01

――指定時間から5分後。

kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

おう、お待たせー!
kagiyabiru_face_02

マサト

遅いよ。というか、今日はなんの用なの?
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

マサトくんって、いっつも僕と遊んでくれるでしょ? ってことは友達少ないよね? 彼女もいないでしょ?
kagiyabiru_face_02

マサト

なにその、横暴な推測。そんなこと・・・ないし・・・。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

僕は!! 真人くんの今後を真剣に!! 心配している!!!
kagiyabiru_face_02

マサト

急にビックリさせないで、外だから大きな声を出すのやめて?
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

このままくすんでいくマサトを見ているだけなんて、僕には耐えられない!
kagiyabiru_face_02

マサト

やめてよ・・・。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

そこでマサトくんが今後もし、気になる乙女ができて、デートをするってなったときに備えて。乙女のタイプ別に必勝のデートスポットを、ここKAGIYAビルから授けたいと思います!!
kagiyabiru_face_02

マサト

余計なお世話がすぎるんだけど。あと、ゲンポウもたいして僕と経験値変わらないでしょ?
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

フッ・・・。甘く見てもらっては困ります。僕は常日頃から「脳内シュミレーション」という特別訓練を積んでるので。
kagiyabiru_face_02

マサト

なにそれ??
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

頭の中で、女性像やシチュエーションをイメージして、実際に付き合っているような感覚を引き出すことです。
kagiyabiru_face_02

マサト

ヤバイ、ヤバすぎるよそれ。ただの妄想じゃん。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

つべこべ言わない! とりあえず行くよ!!

パターン1:常にオリジナリティを求める系女子(小松〇菜似)とデートする場合

kagiyabiru_02

――KAGIYAビル1階 103「SHHH」

kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

こんにちは~。
kagiyabiru_face_01

???

いらっしゃいませ~。

kagiyabiru_03出迎えてくれたのは店長の富田嗣人さん。

kagiyabiru_face_02

マサト

ここは・・・セレクトショップですか?
kagiyabiru_face_01

富田

普通のセレクトショップとはちょっと違うんですよ、国内のブランドだけじゃなく、古着やリメイクしたものなども置いてます。あと、お店の雰囲気もこだわっていますね。

kagiyabiru_04

kagiyabiru_05

kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

たとえば、どんなところにこだわっているんですか?
kagiyabiru_face_01

富田

外から見てもらうと分かるんですが、お店の看板を出してないんです。
kagiyabiru_face_02

マサト

あ、言われてみれば・・・。でも、どうしてそんなことを?
kagiyabiru_face_01

富田

うちのお店って看板もないし、ドアも締まってるので少し入りづらいんですよ(笑)
kagiyabiru_face_02

マサト

確かに入るとき、少し勇気いりました(笑)
kagiyabiru_face_01

富田

そう、そこを越えてきてくれる人を大事にしたいなと思ってるんです。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

というと?
kagiyabiru_face_01

富田

入りづらさを越えてきてくれる人って少なからずどこかおかしいと思うんです。そういう人って一人ひとりこだわりや、「自分」を持ってる人が多いんです。そんな人が集まるような空間にしたいなってのはありますね。
kagiyabiru_face_02

マサト

なるほど~。
kagiyabiru_face_01

富田

このビルも、面白い人が多いんですよ。ぜひ回ってみてください。

ゲンポウひと言:自分だけのスタイルを見つけられるSHHH。だからこそ常にオリジナリティを求める系女子にはピッタリです。マサトくんもShe(あのコ)との恋をコーディネートできるはず・・・!

パターン2:読書好きで落ち着いた雰囲気のあの子(橋〇愛似)の場合

kagiyabiru_06

――KAGIYAビル1階 101「さくらんぼ」

(カランカラン)

kagiyabiru_face_04

???

あら、いらっしゃい。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

こんにちは~。ふたりいいですか?
kagiyabiru_face_04

???

好きなとこ座って~。

kagiyabiru_07さくらんぼの店主さん。通称「おばあ」がお出迎え。

とりあえずブレンドコーヒーを注文。さくらんぼのコーヒーはサイフォン式、カウンターに座ると目の前でコーヒーを淹れる様子を見ることができます。

kagiyabiru_08

kagiyabiru_09

これがさくらんぼブレンドコーヒー。酸味のある風味で、すっきりして飲みやすいです。

kagiyabiru_18

kagiyabiru_face_02

マサト

(ゴクッ)おいしい!
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

よかった~。マサトくんお腹はすいてる?
kagiyabiru_face_02

マサト

うん、そろそろお昼ご飯食べたいかな。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

なら、ここのオムライスをぜひ食べてほしい!
kagiyabiru_face_02

マサト

じゃあそれください!
kagiyabiru_face_04

おばあ

オムライスね~。ちょっと待ってて~。

オムライスを待ってるあいだ、店内を見渡すとレトロ感が溢れるインテリアが。

kagiyabiru_10味のあるメニュー表。『オレンヂジュース』や『ソーダー水』に時代を感じます。

kagiyabiru_11カウンターの奥の棚も趣深いです。

kagiyabiru_17いまでは珍しいピンク電話やライトで空間を演出してくれてます。

そうこうしてると、待望のオムライスが。

kagiyabiru_12

kagiyabiru_face_04

おばあ

お待たせ~。
kagiyabiru_face_02

マサト

おいしそう!
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

食べてみて!

kagiyabiru_13

kagiyabiru_face_02

マサト

いただきます。

kagiyabiru_14

kagiyabiru_15

kagiyabiru_face_02

マサト

うま~~~~~!

マサトくんもこの表情です。僕の中の橋〇愛もこのオムライスを食べたとき、すごく幸せな表情を見せてくれました。

kagiyabiru_face_02

マサト

ご馳走さまでした~! おいしかったです!
kagiyabiru_face_04

おばあ

ならよかった。お家で作ったのみたいだったでしょう?
kagiyabiru_face_02

マサト

確かにどこか懐かしい味がしました! お店の雰囲気も落ち着いていて、まるで家にいるみたいです。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

こうやって会話できるのもいいよね。
kagiyabiru_face_04

おばあ

そうね。いま、カウンターがある喫茶店って少なくなったでしょう。40年前はもっとあったんだけどねえ
kagiyabiru_face_02

マサト

このお店って40年も続いてるんですか!?
kagiyabiru_face_04

おばあ

そうよ。いろんな人が来てくれて、気付いたらこんなに経ってたわね(笑)
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

僕の倍の年齢ださくらんぼ(笑)
kagiyabiru_face_02

マサト

みんなに愛され続けているんですね~。

ゲンポウひと言:喫茶店さくらんぼなら、落ち着いたあの子とも時間を忘れてゆったり過ごせそう。話に困ったら店主のおばあと一緒に語らうのも◎。この愛にあふれるお店に来れば、マサトくんの意中のあの人(?)との愛も芽生えるかも・・・?

パターン3:雑貨やアンティーク小物好きのサブカル系女子(二階堂〇み似)

kagiyabiru_16

――KAGIYAビル3階 303「Antico(アンティコ)」

KAGIYAビルの3階、少し奥まったところから異国の雰囲気が漂っています。

kagiyabiru_face_05

???

いらっしゃいませー。

kagiyabiru_19

迎えてくれたのは、Antico店主のダニエレ・べビビノ(Daniele Bevivino)さん。店内を見渡すと時計や食器、カメラなどさまざまな雑貨が並んでいます。

kagiyabiru_20

kagiyabiru_face_02

マサト

うお~、すっごい洒落てるなあ。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

ここにある商品って基本ヨーロッパのものなんですよね?
kagiyabiru_face_05

ベビビノ

そうですね、半年に1回くらい実際にイタリアに行って買い付けてきます。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

イタリアで買い付けしていたんですか。すごいなあ。
kagiyabiru_face_02

マサト

なかにはすごく古そうなものもあるんですけど、だいたい何年前ぐらいの物なんですか?
kagiyabiru_face_05

ベビビノ

物によってバラバラですね。1960年代のヨーロッパのキーホルダーから100年前の蓄音機、約200年前の指輪なども置いてます
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

200年前!? そんなに古い物もあるんですね・・・。
kagiyabiru_face_02

マサト

その、100年前の蓄音機とかってまだ使えるんですか?
kagiyabiru_face_05

ベビビノ

使えますよ。ここをこうやってこうして・・・。

kagiyabiru_22100年前の本物の蓄音機、実際に使い方を教えてくれました。

kagiyabiru_face_05

ベビビノ

ほかにも、昔のフィルムカメラとかもありますよ。
kagiyabiru_face_02

マサト

え! ぜひ見せてほしいです!

kagiyabiru_23実際使用できるフィルムカメラを前に、カメラ好きのマサトくんは興味津々。

kagiyabiru_face_02

マサト

いやー、すごく面白いな。こんなにいいお店があるなんて知らなかった。
kagiyabiru_face_05

ベビビノ

ビルの三階にあるから、気付かない人が多いですね。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

なぜここでやろうと思ったんですか?
kagiyabiru_face_05

ベビビノ

浜松って、車社会じゃないですか。だけど、街中にあるこのKAGIYAビルは面白い場所なので、それがもっと広まって浜松の駅周辺でも買い物してもらえたら嬉しいなって。あとやっぱりこのビルはデザイナーの事務所に、「BOOKS&PRINTS」や「Newshop」さんなど、面白い人が集まってるんですよね。そこが魅力です。
kagiyabiru_face_02

マサト

面白い人が多い・・・。確かに、どこも個性的でビル全体の雰囲気が楽しかったなあ。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

壁の案内表示とかも個性的だよね。ありがとうございました!

ゲンポウひと言:Anticoで雑貨に囲まれると、気分はまるで100年前のヨーロッパに小旅行。サブカル女子とのデートでは「こんなところ知っていたの!?」とマサトくんの株が上がること間違いなし。

kagiyabiru_24ウォールアートも個性的です。

kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

いかがでしょうか?
kagiyabiru_face_02

マサト

デートとか妄想の下りとかは別として、KAGIYAビルがすごい好きになったね。
kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

まだほんの一部しか紹介出来てないので、来週また行きますよ?
kagiyabiru_face_02

マサト

あ、ごめん。来週は映画デートの予定あるから無理

……

………

kagiyabiru_25

kagiyabiru_face_03

ゲンポウ

・・・ではまた。

まるっと1日使って浜松を遊び尽くす!

KAGIYAビル

住所:〒430-0944 静岡県浜松市中区田町229-13